夏のシーバス釣果に響くサヨリパターンなどに対応|ガルバスリム ダイワ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「湾奥のプリンス」大野ゆうき監修。水面直下を広範囲で探り、緻密に攻めれる。リップ付スリムシンキングペンシル。重心移動システムと水面直下というレンジを武器に、小型ながら広範囲の魚をターゲットとすることが可能に。細身で小柄なシルエットで軽い引き心地に設定し、ピッチ速度の違いや水押しの違いでより緻密な攻め方が可能。ガルバ共通のトップレンジでアクションさせる使い方も効果的で、ただ巻きでは幅広いスピードに対応。

情報源: DAIWA : モアザン ガルバスリム – Web site

夏のシーバスベイトパターンには「泳がないスリム」が効く

春のマイクロベイトパターンも落ち着き、夏のパターンが熱くなるシーズンが始める。一年で一番難しいのが「夏のシーバス攻略」。夏の時期、多くの生物が活発に行動するシーズンであるがその反面、シーバスは難易度は不思議と上がる。特に「動きの速いベイト」についたシーバスは、大きな動きをするシーバスに反応しなくなる意外性があるからだ。

特に「サヨリ」など変則的な動きをするベイトはルアー選定に要注意!

日本全国、夏に出没しやすいベイトとして代表的なものに「サヨリ」がある。このサヨリなんだが、シーバスのベイトとなると非常に厄介なのだ。サヨリ独特の変則的な動きもあって、一般的な動きのルアーに反応しなくなるのだ。

そんなときは動きの少ない「ガルバスリム」で攻略可能!

もともと、「ガルバ」というルアーがある。詳しく見たい方は、下記のリンクから見てほしい。

この「ガルバ」が「細くなった」のが「ガルバスリム」。ただ細くなったなら「いらないのでは?」って、私も思っていました。しかし、同じ名前のガルバでもスリムの方は「夏に強い」特徴を持っているんです。

ガルバとは別物と考えてください!スリムはハイブリッドルアーなんですよ!

ガルバが人気がある為、スリムの方を買わない方が多いと思います。しかし、その考え方は「損をしている」可能性があります。ガルバスリムは、夏のシーバスを乱舞させる非常に強力なウエポン。ガルバしか持っていな方は、ぜひ購入してください。

ガルバスリムのサイズは「80」と「110」がある!

ガルバスリムは、「80mm」と「110mm」がある。基本的にはどちらもおすすめなので、両方持っていた方が良い。私のおススメカラーとしては、「ボディがクリアベース」の物になるので参考までに選んでほしい。

関連記事一覧