シーバスボトム攻略の「3桁釣果が見込める」ルアーがミニエント

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

弾丸のように狙ったポイントに飛んでいく一口サイズのシャッドバイブレーションベイ、河川でのバーサタイル性を追求した「湾奥のプリンス」大野ゆうき監修モデル

情報源: DAIWA : モアザン ミニエント – Web site

春夏秋冬どのシーズンでもシーバス攻められる小さいルアー。それがミニエント

このミニエントって、凄すぎなルアーっていつも思います。シーバス界の湾奥プリンス「大野ゆうき」天才です。

何がすごいかって言うと、ルアーの見た目は至って普通。本当に普通なんです。

「他にないルアーを作る!」って宣言しているメーカーは、山ほどあるけどほとんどが「ギミック」ばかり。ギミックが悪いってことじゃないが、「見た目が他ではない」ということをシーバスアングラーは求めているわけじゃなく、「釣果が違う」ってことを求めてるんだよね。
見た目は、普通の形をしているミニエント。その「普通」のおかげで、釣り人のいのままに動かせる画期的バイブレーション。
動きが固定されがちなバイブレーションで「自由」を手に入れたミニエントは、シーバスアングラーの上級者をうならせます。
だれでも使えるルアーのようで、腕が試させられるルアーなのでシーバスに自信がある人は、必ず使ってみてください。

このミニエントで有名な使い方が「3Dダート」。これは、3Dダートを誰でも試せる良いルアーですね。シーバスも思わずバイトしちゃいます。

ぜひとも、シーバスを狙っていて普通過ぎてスルーしている人は、一度使ってみてください。このサイトのシーバス釣行でもボトム戦略では、多用しているバイブレーションです。

スタンダードサイズの「57s」。普通にシーバス狙うならこのサイズがいいでしょう。

サイズは少し大きい70mmのミニエントもあります

関連記事一覧