シーバスの「釣果が違う」ってことを求めて|モアザン ミニエント

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

弾丸のように狙ったポイントに飛んでいく一口サイズのシャッドバイブレーションベイ、河川でのバーサタイル性を追求した「湾奥のプリンス」大野ゆうき監修モデル

情報源: DAIWA : モアザン ミニエント – Web site

シーバスを立体的に攻められる小さいルアー。それがミニエント

これって、凄すぎなルアーっていつも思います。シーバス界の湾奥プリンス「大野ゆうき」天才です。

何がすごいかって言うと、ルアーの見た目は至って普通。本当に普通なんです。

「他にないルアーを作る!」って宣言しているメーカーは、山ほどあるけどほとんどが「ギミック」ばかり。ギミックが悪いってことじゃないが、「見た目が他ではない」ということをアングラーは求めているわけじゃなく、「釣果が違う」ってことを求めてるんだよね。

「3Dダート」も素晴らしい発想だけど、この辺りは前からあるので別枠評価で。

シーバスを狙っていて普通過ぎてスルーしている人は、一度使ってみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。