シーバスにワームを使うことを非難していませんか?|モアザン ミドルアッパー

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

小沼正弥監修ダートとタダ巻きの使い分けが可能なナチュラルシルエットワーム

情報源: DAIWA : モアザン ミドルアッパー – Web site

ダイワ ミドルアッパー

小沼正弥氏が開発した「ミドルアッパー」。要は、「シーバス用ワーム」です。

色々ありそうで、色々ないのが「シーバス用ワーム」。ブラックバスなら、「ワーム」なんて当たり前。けどシーバス用はあまりない。そんな中、かなりオススメなワームです。

けど、皆さんシーバスにワームを使うことを非難していませんか?周りでもいますよ。「ワームは最終兵器だ!」って。私から言わせると、「意味わかりません」。そんな奴に限って、ワームを使うとかの問題じゃなくとにかく「釣れていない」。

話は戻しまして、この「ミドルアッパー」の凄いところは、「超ソフトマテリアル」。

つまり、とにかく「柔らかい」。魚の皮膚並みにね。

これは、ハードルアーでは真似できない。そう、絶対にね。

そう考えると、貴重なことが分かってくると思います。まずは、論より証拠ってことでしょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。