メガバスお久しぶりのヒット作。ビックミノーでは、初ヒットかな?|メガバス カゲロウ 124F

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

KAGELOU124はランカーハンター久保田剛之プロデュースによるシーバス用シャローランナー。

情報源: KAGELOU 124F | Megabass-メガバス

「カゲロウ」は、生きている。シーバスを騙すんじゃない、これは日常だ。

2018年、カゲロウの年だったように感じるのは私だけでしょうか?

リップレスミノーでハイウェイト。しかも、フローティング。この時点で、今までのリップレスミノーは、間違いなく「泳がなかった」。この設定では、ルアー自身に生命観を与えられない。唯一、釣り人からの人工呼吸的な強制操作によって、バイトさせるしかなかった。

この「カゲロウ」は、生きている。

そう、死んだプラスチックの塊から、生命を感じさせる「生命体」へと進化したのだ。

もう、釣り人の体力をルアーに与える必要はなくなった。

まだまだ、この「カゲロウ」のポテンシャルの全容は見えない。だれか、全容を見せてくれたまえ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。