時として「ソフトベイト」は、とてつもない「魔力を放つ」。|ヒルクライム R-32 SERIES

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

あらゆる過酷な条件下でも結果を出さなければならない、プロフェッショナルアングラー小沼正弥が最後に手にする切り札的存在。ナチュラルな微弱ロールとリブから発する水流がカタクチイワシそのものの波動を生みだし、あらゆるルアーにスレきったシーバスも難なくバイトに持ち込むことが可能です。

情報源: R-32 SERIES|HILL CLIMB CO.,LTD,

シーバスのソフトベイトと言えば「R-32」。「R-32」と言えば、シーバスのソフトベイト。と言わせるぐらい「スーパースタンダード」。
とにかく、「釣れる」。これで釣れないシーバスは「居るのか?」と思わせるぐらいだ。
ボトムだろうが、中層だろうが躊躇なくシーバスがバイトしてくる。

時として「ソフトベイト」は、とてつもない「魔力を放つ」。
その魔力を無限大にしたのが、「R-32」。

昨今、ソフトベイトのすばらしさを見直す動きがある中、いまだにスタンダードに君臨していることが、このR-32のポテンシャルを表現しているだろう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。