シーバスルアーの元祖。バルサ素材が他ではマネできない釣果|ラパラ CD-7

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ラパラを代表するカウントダウンやオリジナルフローターに使用されている天然木”バルサ”。高浮力で加工しやすく、その軽さに比べて強度が大きいのが特徴。また、他の素材にには出せないキビキ

情報源: RAPALA COUNT DOWN

シーバスルアーの元祖。ラパラCD-7が始まりであり最高峰である事実

多くのシーバスアングラーはこの「ラパラCD-7」をご存じだろう。
シーバスルアーの代表格であり、今でも最高峰であるのは事実。
何と言っても、一番の特徴は「バルサ素材」でルアーが作られている。
つまり、天然木でボディが作られているというわけだ。
今となっては、天然木で量産されているルアーはこれぐらいだろう。
一度使ってみるとわかる。面白いぐらい釣れる。
しかし、大きな弱点のこのルアーにはある。それは「飛ばない」ということ。
現代のルアーシステムから考えると、信じられないぐらい「飛ばない」。
昔は、ルアーには飛距離を必要としないくらい「シーバスが群れていた」。しかし現代のシーバス釣りは飛距離を必要とする。
要するに、ラパラCD-7が本領発揮できるポイントで使うことが、釣果を伸ばすキモとなるということだ。
そんなポイントが思いつくようであれば、一個タックルボックスに忍ばせておく必要があると。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。