【時短】ルアーフックを素早く交換する方法は「道具」選びが重要なんですよ!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

みなさんルアーのフックを交換していますでしょうか?一度でもフック交換したことがあれば、フック交換の手間はご存じだと思います。一般的に売られている「プライヤー」でもフック交換は問題ないんですが、専用のアイテムがあればさらに簡単にフック交換が出来るので、そのアイテムをご紹介します。

簡単にフック交換が出来るようになる「スプリットリングピンセット」が神アイテム

何本もフック交換することは、非常に時間がかかります。しかも、意外と体力も使うので私もそうですが「フック交換が嫌い」な方も多いかと思います。そんな人には、下記の「スプリットリングピンセット」がオススメです。

ブラックバス・シーバス・メバルのプラグにちょうどいい

色違いのゴールドのスプリットリングピンセットも

スプリットリングピンセットの使用方法とは

「スプリットリングピンセット」は、非常にコンパクトなサイズです。写真ではサイズ感は伝わりにくいかもしれませんが、コンパクトなピンセットです。下記の写真は、コンパクトプライヤーと並べてみた写真です。このプライヤーもプライヤーの中ではかなりコンパクトですが、それよりもかなり小さいことが分かるかと思います。

バークレイのプライヤーも長年フック交換で愛用していますが、こちらもかなり使いやすいと思います。大きいスプリットリングでも交換しやすいです。青物と大きめのシーバスプラグの方に良いかと思います。できれば、両方持っているのがベストでしょう。

バークレイのプライヤーと並べてんる。
created by Rinker
Berkley(バークレー)
¥1,031 (2022/01/22 21:00:17時点 Amazon調べ-詳細)
]
スプリットリングピンセット。#0~#3に対応とあるが、ある程度のサイズはカバーできる。
ピンセットは、通常開いた状態になります。

シーバスルアーのアルデンテ95Sのフック交換をしてみた

これからバチ抜けシーバスで使う予定のアルデンテ95Sのフック交換を実際にしてみた。今回、交換したアルデンテ95Sのフック・リングのサイズは下記。

フック#10
リング#2
アルデンテ95Sのフックとスプリットリングサイズ

交換した「フック・リング」は、下記を利用した。フックは、「錆に強いFimoフック」。サイズ選びなどは、下記を参考にしてください。

錆で腐食したフックを交換。
ピンセットでフックを交換。スプリットリング専用品なので、簡単にリングを外せる。
時間もかからず、交換完了。

フックのメンテナンスは、ある意味一番大事かも

ルアーのフックは、時間とともに必ず「劣化」していきます。不意の大物を必ずキャッチしようと考えると、日々のメンテナンスがとても重要。しかし、専用のツールがないとスムーズに交換できない為、先延ばししている方もいると思います。そんな人は、値段も安いので「スプリットリングピンセット」を検討してみてください。

関連記事一覧