春のシーバス対策に使えるシーバスルアーとライン系を補充:2019釣具魔界シリーズ5回目

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

春の対策も気になり始めた、「つりしろ編集長」です。

今回は、バチ用というよりも、春のシーバス対策に使えるシーバスルアーとライン系を補充してみました。

春対策も含めたシーバスルアー

ダイワ スライ110

ダイワ(DAIWA) ルアー モアザン スライ 110F トロピカルベイト

ダイワ(DAIWA) ルアー モアザン スライ 110F トロピカルベイト

1,491円(07/17 07:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

なんか気になる。

 

欲しいカラーが無かった為、選んだカラー。
もっと黒系のカラーが欲しかったけど、ぜんぜん売ってない。

売っていた3色から、一番カラフルなルアーをチョイス。

これでも、ぜんぜん行けそうです。

アイマ K-太 77 サスペンド

たまには、サスペンド系のルアー。

最近、「静から動」の可能性を改めて発見したい感じ。

サーフェースなので、カラーは重要だけど先入観をなくすため「クリア」を購入した。

私の基本ライン系の2種類を購入

シマノ ピットブル8 0.8号

これは、もう説明いらないかも。
PEラインは、ここ1年はこればかり使っています。

交換タイミングは、大体月に一回。そのくらい、頻度がちょうどいいのでピットブル12は、ちょっとお高い。
ピットブル8なら、私自身は安いと感じています。

とにかく、おすすめ!

サンヨーナイロン社 APPLOUD ナノダックスリーダー

これも、今のところ激オススメです。

バチ抜けシーバスだろうが、ドリフトでの釣りだろうが、水なじみが全然違います。

注意点としては、伸びきる力がかかると「伸縮が戻りずらい」。ようは、癖がついている状態に。

根がかりなどで、ラインを切るような場面があった場合は「要注意」。

「ショック吸収」の能力が下がっていると思われます。ショック吸収力がないとこのリーダーを使う意味がございません。

そのくらい、元々のポテンシャルが高いだけですが。

そんな感じで購入してます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。