アユ(鮎)がベイトならシーバス対策ルアーはこれだ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

初めに、シーバス対策の為にアユ(鮎)の特徴について解説します。

アユの分布・生息域

日本全域に生息している。一生のほとんどを河川内で生活する。春ごろになると河川を遡上し、上流域で成長する。

アユの生態

成魚は全長25cmほど。背は黒っぽいですが体全体に黄色味が強く、黄色い斑紋もより明瞭。
一番の特徴は、一年魚という点。つまり寿命が一年であること。
秋に産卵した卵から、2週間程度で孵化し翌春ごろまでは、河口域で成長する。
春になると上流へ移動し、成魚になると遡上した河川を流下し河川の下流域に降り産卵を行う。

多くのシーバスは、アユ(鮎)の行動を熟視しており河川内へ入り込むシーバスは必ずって言っていいほど、アユを好んで捕食する。

アユ対策でのシーバスルアー



-釣具の整理・収納にお困りなら-
-安くて便利なアイテムが豊富-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。