ハゼがベイトならシーバス対策ルアーはこれだ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

初めに、シーバス対策の為にハゼの特徴について解説します。

ハゼの分布・生息域

日本全域に生息している。海域、汽水域、淡水域どこにでも生息しているが、生息エリアでハゼとしての種類は、異なっているがここで扱うハゼは「マハゼ」についてである。砂泥底のエリアに生息し、水底に接して生活する。

ハゼの生態

成魚は全長20cmほど。寿命はおおよそ1~2年。
1月から5月が産卵期であり、その時期の後にシーバスのメインベイトとなりやすい。
最大の特徴としては、水底に接して生活するところ。ハゼをシーバスが捕食している場合、水底付近のボトムを意識している。
対応として、ボトムを効率よく狙える「バイブレーション」や「ジグヘッドリグ」がメインルアーになる。

ハゼ対策でのシーバスルアー

 



-釣具の整理・収納にお困りなら-
-安くて便利なアイテムが豊富-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。