数量限定なエリア10のオリカラ!春に使えるタックルベリーのシーバス対策

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長

タックルベリーからオリカラが出たってよ!

もう4月に近い今日この頃。河川のバチ抜けも落ち着きこれからは、春のマイクロベイトパターンへと変わっていく。
そんな中、3月20日にタックルベリーから数量限定な「エリア10」のオリジナルカラーが発売されたので購入してみた。

タックルベリーのエリア10オリカラ

2021年のタックルベリーのエリア10のオリカラは3種類

全国中古釣具ショップのタックルベリーから2021年3月20日にエリア10のオリジナルカラーが発売された。
私は、発売日の開店直後に近所のタックルベリーで購入。どうやら、私の行った店舗には「各色4つ」しか入荷しておらずゆっくり買いに行っていたら、ゲットできなかったかも。とりあえず、一番乗りで購入はできました。

3色発売されたエリア10

エリア10:カラー「BTプリン」

薄い黄色が特徴のオリカラ「BTプリン」。私は、このカラーが一押しになっています。まるで「K-TEN」を彷彿させるような配色は、ボディを小さく見せることができ春のマイクロベイトパターンでは、有効そうです。

エリア10:BTプリン

エリア10:カラー「ダイヤモンドシルバーOB」

シルバーが非常に特徴的な「ダイヤモンドシルバーOB」。春のマイクロベイトは、シルバーのベイトが多いのも特徴の一つ。腹がオレンジ色なのも好印象なカラーリングですね。

エリア10:ダイヤモンドシルバーOB

エリア10:カラー「キリミサーモン」

上記の2つは、ボディはクリアではないですがこれはクリア。明暗部などや常夜灯周りでは、クリアなものが有効な時も多いです。しかも、赤と黒を基調とした配色はアピールしつつナチュラルなカラーリングですね。

エリア10:キリミサーモン

エリア10の使い方や春の攻略法について

下記にエリア10の使い方や春のシーバス攻略法を詳しく載せているので、参考にしてみてください。
タックルベリーのオリカラが気になった方は、早めにお近くのタックルベリーを覗いてみることをお勧めします。
完全限定なカラーなので見逃すと購入できないぞ!

関連記事一覧