100均でタモのエンドキャップを保護できる!すべり止め効果もあり一石二鳥の便利アイテムをご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長

みなさん、ご自身のタモ網のエンドキャップ(竿尻キャップ)が「傷だらけ」ではありませんか?

私のタモ網のエンドキャップもそうなんですが、数回の釣行で「ボロボロ」になっている状態です。どうしても、直接地面に置いたり魚をすくった後地面に当てたりするので、エンドキャップが痛んでしまうんです。

100均のあるアイテムがタモシャフトの保護に活用できる

実は、タモシャフトのエンドキャップ保護に100均の「シリコンイス脚カバー」が、タモシャフトにピッタリフィットするんです。

タモシャフトによって色々なエンドキャップのサイズはありますが、シーバスや青物などに使う多くのシャフトには合うサイズになっていると思います。

価格も100円で「4個入り」なので、一個「25円」で購入できる計算になりますね。非常にリーズナブルです。

しかも、「穴」が元々付いているので「水抜き機能」も加工なしで使えます。

タモシャフトのエンドキャップを保護しないとどうなるのか?

私の経験だとエンドキャップを保護せずに使い続けると、高確率でエンドキャップが破損します。釣行回数や取り扱いによって違いますが、使い回数が多い場合は「1年以内」に「底が抜ける」症状になるかと思いますね。
振り出しの機構上、どうしてもエンドキャップに負荷がかかりやすい作りなんですね。

ダイソーの「シリコンイス脚カバー」で実際に保護してみる

ダイソーに売っている「シリコンイス脚カバー」にサイズは2種類あると思います。今回は、多くのタモエンドキャップに対応できるよう下記サイズを購入しました。

  • 22-32mm

上記のサイズで多くのタモ(竿尻キャップ)に合うと思います。

私が持っている3種類のタモに取り付けてみた

私が普段シーバスや青物で使っているタモシャフトのエンドキャップに実際に取り付けてみた。3種類ともサイズやメーカーが違っているが、全てジャストフィットで取り付け可能でしたね。

シリコン素材で半透明の為中の状態が確認できる

このカバーは、「半透明」の為エンドキャップの状況が目視で確認できる。何かトラブルが発生した場合、気が付きやすいのも半透明のメリット。

値段も高いタモシャフトを少しでも長持ちさせるために有効だと思う

100円で4個入りの「シリコンイス脚カバー」。25円の投資だけど、実用性と保護性はそれ以上かなと。気になる方は、ぜひ試してみてください。

関連記事一覧