• HOME
  • ストーリー
  • リール
  • 【光沢復活】リールの表面も綺麗に保ちたい!リール用じゃないけど、金属磨き「ピカールNEO」で検証してみた!

【光沢復活】リールの表面も綺麗に保ちたい!リール用じゃないけど、金属磨き「ピカールNEO」で検証してみた!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

みなさん、愛用しているリールの小傷って気になりませんか?私もそうですが、意外と普段は気にしていなくてもたまにリールを眺めると意外と小傷が多いことに気が付きます。今回は、自分のリールを使って実験的に「金属磨きで小傷が消えるか?」検証してみたいと思います。(*検証なので、もしやるとしたら自己責任でお願いします

試したリールは「10年間使い倒したシマノレアニウム12」の小傷消しに挑戦

今回、小傷を消すリールとして用意したのは、「10年間使い倒したシマノレアニウム12」です。このリールが発売されたのが「2012年」なので10年選手なんですね。いまだに、ルアーの巻きスピードとかが気に入っていて現役バリバリですよ。

10年間使い倒したシマノレアニウム12

金属磨き剤として選んだ商品は「ピカールNEO」

リールを磨くために選んだのは、有名な金属磨き「ピカール」の「臭いが消えたバージョン」の「ピカールNEO」。磨き剤として実績が高い商品なので、磨き剤としてのポテンシャルは疑う必要はないですね。その中でも「低香料のピカールNEO」で優しく磨いてみました。

created by Rinker
ピカール
¥400 (2022/09/24 16:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

リールの「プラ素材、CI4、メッキ、金属部分」の状態は?

写真では、キズの状況が分かりにくいですが「擦り傷や塗装ハゲ」などリールのコンディションはかなり良くないです。こんな、表面がボロボロのリールを磨いても効果は薄いかもしれませんが一先ず試してみたいと思います。

表面はボロボロな状態
細かな傷も非常に多いです。

私の場合、使い方は「ペーパーに適量取って」磨くだけ

今回は検証の目的もあるので、「ピッカピカ」にするつもりはありません。軽く磨いてどの程度「綺麗になるのか?」確認する程度とします。あまり磨きすぎて、光沢がくすんでも嫌ですからね。それに、深い傷も多いのでその部分は諦めていますから。

「ペーパーに適量取って」磨くだけ
特に金属部分は丹念に

磨いてみた結果はどうなのか?

今回は、ボディ部は軽く磨いて、ハンドル部とローター部のプラスティックと金属部分を重点的に磨いてみた。結果的には、金属部は短時間でも綺麗になり、プラメッキなどにも効果があった感じ。全体的に表面はリフレッシュされた感じはある。けど、リールがかなりくたびれたものを使ったので「綺麗な中古」という印象までには至らなかったような感じですね。もしかしたら、こまめにメンテナンスをしていれば10年経っても綺麗さを維持できるかもしれません。ピカールは磨くのも簡単なので、気になった方は「自己責任」で試してみても良いかもしれません。

写真だと分かりにくいけど「左:ビフォー」・「右:アフター」
全体的に細かな傷は目立たなくなったかな?
遠目で見ればかなり綺麗?

関連記事一覧