シーバス用に4本目を購入!安くても高性能なシマノのムーンショットがお気に入りの件

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

つりしろ編集長

シマノ「ムーンショットを溺愛する」つりしろ編集長おすすめのロッドですよ。

早速ですが、皆さんにお聞きします。シマノ「ムーンショット」って知っていますか?
この「ムーンショット」ですが、シマノから発売されている「ルアー用ロッド」です。シーバス用とかの専用モデルではないので、カテゴリとしては「汎用モデル」になりますね。つまり、なんの釣りでも使えるようなロッドなんですね。

汎用ロッドって初心者向けで安いのか?

一般的に「汎用ロッド」のカテゴリは、「安い」・「初心者向け」という位置づけのロッドになります。その為か、この「ムーンショット」をあまり知っている方は、少ないように思います。

ムーンショットは、どのくらいの値段なの?

シマノのサイトで確認すると

16,000円~ 18,400円 

あくまでも「メーカー小売価格」なので、実際の販売価格は「一万円少し上」ぐらいだと思います。ルアーロッドでこのくらいの値段の物って「激安」の部類なんですね。これだけ聞くと、ぜんぜん使い物にならないように聞こえますが、世界のシマノはこの価格帯でも「やっぱりシマノ」なんですね。完全に個人的な感想になりますが、他メーカーの3万円ぐらいの性能は、あると感じています。

品番全長(ft.)自重(g)カーボン含有率(%)本体価格(円)
S90L9’0″13098.216,000円
S86ML8’6″13398.416,000円
S90ML9’0″13698.416,400円
S96ML9’6″15198.516,800円
S100ML10’0″16098.717,200円
S96M9’6″15698.717,200円
S100M10’0″16698.817,600円
S106M10’6″18398.818,000円
S110M11’0″1909918,400円
S96MH9’6″18098.817,600円
S100MH10’0″18598.818,000円
S106MH10’6″18798.918,400円
ムーンショット 価格表

今回ムーンショットを取り上げた理由とは?

私が「ムーンショットを愛している」のはもちろんですが、新しく発売された「21ムーンショット」を購入してある程度の期間を使ってみたからです。旧型のムーンショットよりもさらに「21ムーンショット」は進化し間違いなく良くなってきました。 旧型のムーンショットは、「3本」所有しています。

シマノが提案する21ムーンショットのラインナップと対象魚は?

ムーンショットがカバーできるフィールドは、下記の表を見てもらえると分かります。非常に広範囲をカバーできるラインナップが用意されています。特に「S90L」などは、シーバスバチ抜け用のロッドとして、かなりオススメですよ。

ムーンショットのラインナップ

ムーンショットのラインナップ

21ムーンショットの 対象魚

ムーンショットの対象魚は、カタログ上では「シーバス」・「ヒラメ」・「青物」などの記載があります。特にシーバスについては、全ラインアップで「最適」となっているので安心して使うことができるでしょう。

ムーンショットの 対象魚

旧型ムーショット VS 21ムーンショットの進化点とは?

21ムーンショットはハイパワーXが搭載された!

ズバリ「ハイパワーX」の搭載でしょう。この「ハイパワーX」とは、 ブランクスにカーボンテープをX状に締めあげてロッドのねじれを抑制してくれます。ロッドのねじれが抑制されるので、ルアーをキャストした時や魚とのやり取り時にパワーが足りないように感じることが少なくなります。

「ハイパワーX」 のロゴがロッドに刻印。
21ムーンショット には、「ハイパワーX 」が搭載された。実施のロッドを見ても、表面にカーボンシートが貼られている。
旧ムーンショットは、カーボンシートは貼られていない。

リールシートデザイン変更との安定度が高くなった

リールシートのデザインも変更された。実際使ってみると、デザインの変更だけではなくリールを固定する性能も上がったと思われる。比べると旧ムーンショットは、リールは緩みやすかったように思う。

21ムーンショット は、リールシートが「黒色」基調に。
旧ムーンショットは、「黒銀」基調。

ムーンショットのロゴが変わった

新旧で比べるとこのようにロゴが違う。

ロッドの色が変わったのとエンドグリップの構成変更

ロッドの色が「青」→「黒」に変わった。これは、全体的に高級感が出たように思う。気にする人は、気にする部分かな?あと、 ロッドの色が変わったのとエンドグリップの構成変更。これは、人によって評価が変わるところだが私は「使いやすくなった」と感じてますね。

21ムーンショット は、 ロッドの色が「黒」。
旧ムーンショット は、 ロッドの色が「青」。

ムーンショットは使ってみるとコストパフォーマンスに驚くはず

私は「ストラディック」と組み合わせて使っています。バランス的には、すごくいいと思います。もちろん、私も上位のロッドを保有していますが、コストパフォーマンスを考えるとムーンショットはかなりいいと思っています。
上位機種を持っている人でも、「M」や「MH」を持っていなく試してみたいって人は、低価格なムーンショットで試してみるのもアリだともいます。ロッドの良さは、使ってみないとわからないと思うので、気になる方は一度使ってみてください。「意外とアリかな」と感じてもらえると思います。

関連記事一覧