100均でも買える?仕切りが特徴なルアーケースの「山田化学タフケースW210」に違いはあるのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

皆さんもご存じの通り、最近100均の「釣りコーナー」が充実している。100均メーカーごとに特色があり、釣り人にとってワクワクが止まらない。そんな中、少し前から発売されているルアーケースをダイソーで購入したのでそのご紹介。

これって?山田化学のW210じゃないの?

ダイソーで販売されている定価「300円」のルアーケース。「RYBOLOSS」ってロゴが目を引くけど、実は普通に釣具屋で販売されている「山田化学のW210」ってルアーケースなんですね。これが、そのままに「ダイソー」で販売されているんです。ちなみにダイソーでは「リボロスW210」って商品名ですね。

リボロスW210

そうなると、気になるのが

W210ルアーケースは、ダイソーで買った方がよいのか?

実は、ケースのデザインは全く同じなんです。ただし、ある一部が違っているんでね。

これより先は、それぞれのルアーケースの違いをチェックしていきます

ダイソー「リボロスW210」と山田化学「タフケースW210」の違いは?

店頭で「パッとみは」違いを感じることなく購入しました。自宅に持ち買えり、手持ちの「山田化学タフケースW210」と並べ替えみると・・・・・・・・

全く同じ商品!

外見のデザインなどは、細部にわたるまですべて同じです!完全に同一商品と良いでしょう!しかし、中身の開けて仕切りの数を数えてみると・・・・

細部にわたるまですべて同じです!

違いは「付属の仕切り板の数」がリボロスW210は少ない

ルアーケースのデザインなどは、全くの同一商品。だけど、大きく違うのは 「付属の仕切り板の数」 。 山田化学「タフケースW210」は、「100種類以上の仕切り方」を売りにしているけど、 リボロスW210では、仕切り方が限定されてしまう。その点が「お安くなっている理由」ですね。

「付属の仕切り板の数」が少ない

付属仕切板数

サイズS(10cm)M(13cm)L(20cm)
リボロスW210(ダイソー)2枚2枚1枚
タフケースW2103枚5枚3枚
リボロスW210では、仕切り方が限定されてしまう。
「100種類以上の仕切り方」を売りにしていない。

まだあきらめるな!仕切り板が少なくても「つりしろオススメ」の仕切りは可能

仕切り板が少ない「リボロスW210」だけど、つりしろがオススメしている仕切り方は、この枚数でも可能。「大・中・小」のルアーは問題なく収納できるので、サイズが違ったルアーを一つにまとめることに困らない仕切り方だと思います。

つりしろがオススメしている仕切り方

W210の賢い購入方法について

「つりしろ」がオススメする購入方法は、「タフケースW210」を「1個~2個購入した後」、「リボロスW210」を購入する方法です。仕切り板が多くついている「タフケースW210」を持っていれば、「リボロスW210」でも余った仕切り板を使えるので、色々な仕切りバリエーションを楽しめるでしょう。お財布にも優しいですし、無駄な仕切り板が増えるのも防いでくれるので一石二鳥ですね。

Amazonで購入すれば「日替わりだがタフケースW210」が400円台!?

以前は「タフケースW210」は300円台でも購入できましたが、私がご紹介した影響?なのか「高額で取引」されています。ですが、日々価格変動していて今でも「400円台」で購入できる場合があります。下記の値段をチェックしてみてください。

created by Rinker
YFD(山田化学)
¥810 (2022/01/22 16:39:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
YFD(山田化学)
¥473 (2022/01/22 16:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

W210シリーズはルアーケースとして優秀です!

私もW210シリーズは、色々なタイプを保有しています。やはり仕切り方法が自由なので、持っているルアーに合わせた仕切りが可能です。持ち運びに最大限の活用が可能なので、まだ持っていない方は一度手に取ってみてください。

関連記事一覧