【僕の釣り準備】土砂降りでも濡れない!防水バックがお気に入りの件

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

誰もがアウトドアへ出かける前に気になるのが「天候」。その中でも「雨」が降るのか?降らないのか?で出かける前の支度が変わります。
アウトドアで遊ばれている方は、「雨」も一つのイベントみたいな感じで楽しまれているでしょう。私も雨になったとしても、気分良く過ごしたいものです。
どのような天候でも楽しもうとすると、雨でも荷物が濡れない「バック」が私のアウトドア支度でヘビーローテーションアイテムとなっています。

雨は、アウトドア支度を変えるイベント

相棒ともいえる防水バックの買い替えで発見したターポリンデイパック

私は、主に釣りで使う想定で防水バックを探しています。釣りというアウトドアは、本当に色々な天候に出くわします。しかも、バイクでの釣行が多い私にとって釣り場へ向かう道のりもアウトドア状態。そんな移動中もしっかりと防水してくれるバックを常に探している。そんな中、「オシャレなカラーリング」で目が留まったターポリンデイパックを即座に購入した。

購入したのは「ドッペルギャンガー ターポリンデイパック DBT420-KH」

私が購入したのは、「ドッペルギャンガー ターポリンデイパック DBT420-KH」。これは、通称「ドライバック」と呼ばれる完全防水タイプのバックになる。この「ターポリンデイパック DBT420-KH」を購入した大きな理由は「4つ」ある。

  • 完全防水
  • エアバルブ圧縮
  • オシャレ(ストームカーキ色)
  • 安価
「ドッペルギャンガー ターポリンデイパック DBT420-KH」

いままで使っていた下記のドライバックで「不満はない」状態だったが、「オシャレ度」という点で「ターポリンデイパック DBT420-KH」に手が伸びてしまったのが一番の購入理由だと思う。下記のドライバックも激安だが、数年使ってもまだまだ現役なのでオススメなのは間違いない

「ドッペルギャンガー ターポリンデイパック DBT420-KH」の機能

この防水バックには、下記のように多彩な機能が備わっている。
元々というか、この防水バックは「バイク用」として販売されているバックだが見た感じ「アウトドア」でもすこぶる調子の良さそうなバックのようだ。私がバイクに乗るから気が付いたということもあるが、この機能は過酷な野外活動では大きなアドバンテージとなるのは、間違いない。

「ドッペルギャンガー ターポリンデイパック DBT420-KH」の外見

ドッペルギャンガー ターポリンデイパックは、バックのカラーが「3種類」発売されている。

  • ブラック
  • レッド
  • ストームカーキ

その中で、今回選んだのは「ストームカーキ」という色だ。私は、この色に一目ぼれしたのである。詳しい内容は、下記のメーカーサイトで見てもらえるといいかもしれない。詳しく内容が書かれている。

表側に小物入れと圧縮用エアバルブがある。
裏にはフィット性を高めるベルトや疲れにくいクッションも付いている
スペックは、上記の内容。容量は「20リットル」。

購入した「ターポリンデイパック DBT420-KH」を開封

今回は、Amazonで購入しました。値段は、4000円ちょっとで買えたのでリーズナブルだと思います。

商品はビニールに入った状態
ショルダーベルトなどは、脱着できるので最初は別々に収められてます。
圧縮エアバルブは、ここにあります。
小物入れには、防滴ファスナーが採用されています。
ショルダーベルトの接続部。クッションも付いています。
このようにバックルでベルトを取り付けます。
胸にもベルトがあるので、しっかり固定できます。
ヒップベルトも標準装備。
固定用Dカンは、6カ所に設置されています。
今まで使っていたドライバックと大きさを比較。ほぼ同じようなサイズ感です。

ヘビーローテーション間違いなしの防水バック

これは、色や形ともオシャレなバックで間違いないですね。ロープライスメーカーの防水バックが約3000円ですが、これに約1000円を足すだけでこれだけの高機能防水バックが手に入ります。かなりオススメな防水バックですので、釣りだけではなくアウトドア全般でオススメしたいバックですね。色も「3色」あるので、お好みで選んでみてください。

関連記事一覧