釣り以外にも!首掛けとヘッドライトの2スタイルで「赤色LED」も搭載!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

つりしろ編集長

ヘッドライト「愛」が止まらない。つりしろ編集長です!

気になるヘッドライトを見つけてしまうとすぐに購入してしまう・・・・・変な収集癖があるつりしろ編集長です。数日前、Amazonで商品を何気なく見ているとあるヘッドライトを見つけてしまいました!しかも、ちょっとした釣りや夜の散歩やキャンプなどに便利そうなヘッドライトを見つけたので早速購入してみました。

ジェントスヘッドライト「CP-01R」の新スタイルが注目ポイント

今回購入したのが「ジェントスヘッド CP-01R」。私が購入した最大の理由が「2スタイルのバンド付属」の点。この2つのバンドが付いていることで、釣り以外でも気軽に使うことができますね。「花火」・「夜の散歩」・「キャンプ」など使う幅はとても広いです。

CP-01Rの特徴

  • 2スタイルのバンド付属
  • 「白色LED」と「赤色LED」両方搭載されている
  • ライトがコンパクト&軽量
  • 高機能・高信頼性だが価格が「2000円以下」。
  • 標準でバッテリーとUSB充電に対応
GENTOS(ジェントス) CP-01R

2バンドが付属していると「首掛け」で利用できる

なんといっても「ジェントスヘッド CP-01R」の2バンド付属しているところが注目ポイントですね。紐のバンドに変えれば「首掛け」で利用できます。どんなスタイルにも合いやすいので、ヘッドライトを気軽に使うことができるんです。

首掛けスタイル用のバンドが付いている
もちろん従来のヘッドライトでも利用できるバンド付き

充電用バッテリーも付属しているオールインワン

この「ジェントスヘッド CP-01R」の凄い所は、「2000円以下」なのに「バッテリーも標準付属」しているんです。他に購入するものが無いので、すぐに利用できます。こんな至れり尽くせりのヘッドライトはなかなかないと思いますよ。

バッテリーや充電ケーブルすべて付属

ダメ押しの「赤色LEDも搭載」している釣り人に嬉しい仕様

もう、なんでも搭載している「ジェントスヘッド CP-01R」。なんと「赤色LED」まで搭載しているんです。しかも、「赤色LEDを最初に点灯することが可能」な機能付き!これは、上位機種でも出来なかったことなので、すごくうれしい改善ですね。

ボタンの長押しで「赤色LED点灯」が可能

ちなみに下記が以前ご紹介した「赤色LED搭載モデル」です。赤色LEDのメリットを知らない方は、下記の記事を参考にしてみてください。

購入した「CP-01R」を開封しながらスペック確認

上記の公式サイトでスペックを確認してほしいですが、重要な部分をリストアップしておきます。

GENTOS(ジェントス) CP-01Rパッケージ
  • 使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1個、チップタイプ赤色LED×1個
  • 明るさ(約):220ルーメン(Highモード時)/ 120ルーメン(Midモード時)/ 10ルーメン(Ecoモード時)/ 2ルーメン(サブ赤色LED点灯時)
  • 輝度(約):446カンデラ(Highモード時)/ 242カンデラ(Midモード時)/ 26カンデラ(Ecoモード時)/ 2カンデラ(サブ赤色LED点灯時)
  • 使用電池:リチウムポリマー充電池 3.7V 680mAh内蔵
  • 充電時間(約):3時間
  • 電池寿命:充放電 約300回
  • 点灯時間(約):2時間(Highモード)/ 4時間(Midモード)/ 56時間(Ecoモード)/ 28時間(サブ赤色LED点灯)/ 120時間(サブ赤色LED点滅)
  • 照射特性:照射角固定 ワイドビーム
  • 照射距離(約):42m(最大時)
  • 保護等級:耐塵・防滴仕様(IP64準拠)
  • 落下耐久:2m落下耐久
  • 本体サイズ(約):W56.9×H30.1×D33.0mm
  • 本体質量(約):41g(電池含む)
  • 付属品:Micro USBケーブル(50?)、ヘッドストラップ、ヘッドバンド

どのヘッドライトにも言えるんですが、「防水仕様」ではないので気を付けてください。雨の中で使い続けるとヘッドライトは壊れます。雨の中での使用は、注意して使いましょうね。

あと、実物を見るとビックリすることが

ものすごくコンパクト!

ライト自体は、自分の親指ぐらいの太さと同じぐらいですね。

ここまで、コンパクトなヘッドライトは「初めて」です。

パッケージの中身。バッテリーはヘッドライトの中に付属。
スイッチは一つ。
サブLED。ここが赤色に光る。
ここがメインのLED。
ヘッドライトの下部分にUSBポートがある

CP-01Rの明るさを確認してみる

ここで以前購入した「320ルーメンのWS-343HD」と明るさを比較してみます。「CP-01R 220ルーメン」なので明るさは劣るハズです。あと、照射の幅をCP-01Rは変更することが出来ません。

左がWS-343HD(照射範囲を最大) 右がCP-01R
メインLEDを照射するとこんな感じの明るさ
赤色LEDの照射はこんな感じ。

初めて購入するヘッドライトやサブ機としてオススメ!

使い勝手や操作が簡単な所を考えるとヘッドライトを初めて購入する方やサブ機にピッタリだと思います。必要十分な明るさもあるので、実用十分なヘッドライトだと思います。

関連記事一覧