釣りヘッドライトの最高峰。500ルーメンを放つジェントスHW-V533Hは、おすすめできるのか?をレビューする

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

明かりにはうるさい、「つりしろ編集長」です。

私は、夜な夜な釣りに出かけるヘビーアングラー。

夜の釣りに欠かせないのがそう「ヘッドライト」。

ヘビーにヘッドライトを使っている関係で大体1年でいつも買い替えパターン。

今回も、気が付かないうちに照度が落ちてきたので、新しいヘッドライトを購入しました。

今まで使っているヘッドライトは、「ジェントスHW-000X」。

これは、大変気に入っていて計3台使いました。スペック的には「300ルーメン」と申し分ない感じでしたが、さらにパワーアップ!

コスパ的にもよさそうな500ルーメンのヘッドライト「ジェントスHW-V533H」

もちろんジェントス以外でも、色々と物色しました。

ヘッドライトの種類って、最近増えてきて色々なメーカーが乱立。

もちろん、1万以上の高級品もあるんですが私の場合は、ヘッドライトを「消耗品」と考えています。

LEDが日々進化している以上、次に発売された製品が前回より使い勝手がよくなるんです。

しかも、値段が半額ぐらいになったりと。

このような現状もあり、あまり高い製品はお勧めできないと私は考えています。

釣りヘッドライトで使えそうな「ジェントスHW-V533H」の特徴

この「HW-V533H」ジェントスのHEAD WARSシリーズの最高スペックに位置づけされています。

基本的に、HEAD WARSシリーズについては、明るさの違いで製品が分かれており外見についてはすべて同じと思ってよいでしょう。

しかし、この「HW-V533H」だけは「ハイブリット電源」に対応しています。

「ハイブリット電源」とは、「従来の乾電池(エネループなどの充電池)」以外に「専用充電池」が付いています。

それだと、「エネループ」と同じじゃね?って思うかもしれませんが、それが違うんです。

「ハイブリッド電源」モデルだと、釣り場でモバイルバッテリー等で充電が可能なんです。もちろん、車などでも。

予期せぬ「電池切れ」の時に、慌てずに充電することが可能なんですよ。

あと、ちょっと注意点としては「HEAD WARSシリーズ (White Box ver.) 」というシリーズがあります。

この中にも、今回の「HW-V533H」と同等品「HLP-1805」というのがあるんですが、付属品が違っているだけです。

釣りに不必要な付属品が多くついているだけなので、基本的には「HW-V533H」を購入するようにしましょう。

ここで一旦特徴をまとめます。

  • アクセサリー:ヘルメットホルダーやシリコンバンドなどの付属アクセサリーが充実
  • 明るさ:500ルーメン
  • 電源:専用充電池・乾電池・エネループ使用可能(専用充電池はUSB充電式
  • 点灯時間:一番明るい状態で6時間
  • 照射特性:フォーカスコントロール(照射範囲を調整できる)
  • 照射距離(約):152m(最大時)
  • 保護等級:耐塵・防滴仕様(IP64準拠)
  • 後部認識灯:点灯・点滅により後方からの視認性を確保

こんなところでしょうか。

それでは、各部の細かな点を見ていきます。

パッケージを開けて付属品を確認

最初についている付属品を確認してみます。
基本的には、付属品は工事用ヘルメットなどに装着するためのアイテムになります。
釣りで必要な使うアイテムはないので、保管しておけばいいでしょう。
唯一、使う可能性があるのが「USBケーブル」。既にUSBケーブルをお持ちの方も多いと思いますが、無い方はこれで充電すればいいと思います。
専用充電池は、電池ケースに入ってます

専用充電池

専用充電池は、電池ケースの中に最初は入っているのでそこから取り出してみます。
青い四角の専用充電池(バッテリー)で、汎用品ではございません
完全にジェントス用の専用品で、追加で欲しい場合はオプションで購入可能です。

充電用USB

ここの場所にUSBが付いています。
多くのスマホなどでも採用されている「MicroUSB」ですので、既に持っている方も多いと思います。

照射範囲を調整

「HEAD WARSシリーズ」は、すべて同じ方法で照射範囲を調整します。
ライトの下あるつまみを左右に調整することで、無段階で調整可能です。

後部認識灯

夜の釣行時やウェディング時に自分の居場所を周りに知らせるための後部認識灯。
電池ケースの脇で「オンオフ」出来ます。
この「後部認識灯」は、「HEAD WARSシリーズ」の特徴の一つでもあると思います。

サイズ感

今まで使っていた同じ「HEAD WARSシリーズ」の「HW-000X」と購入した「HW-V533H」のライト部のサイズを比べてみました。
サイズ的には、全く同じです。ルーメンがパワーアップしてもサイズは、「変わらない」と思ってよいでしょう。

最後に500ルーメンのパワーを体験。

釣り場で活躍できるヘッドライトなのか?を確認するために、実際のライトの照らし具合を動画で撮りました。

照射範囲を広げたり狭めたりしてみたので参考にしてみてください。

感想としては、500ルーメンかなり明るいです。劇的に眩しいという感じでもないので、私的にはちょうどいいかな?

釣り場のヘッドライト。「HW-V533H」の総評

この価格で、専用電池が最初から付属しており「エネループ」・「乾電池」も使える「HW-V533H」は、釣り用ヘッドライトとしておすすめです。

特に良いのが、本体だけで充電できること。「エネループ」は、便利だけど充電器は持ち歩かないんですよね。

どうしても、突然電源がなくなることがあるので、電源の調達方法にバリエーションがあることは、安全確保とストレスフリーの観点からいいと思います。

安い物やもっと明るいものだと、バッテリーに選択肢がないケースが多い。

そんな意味からも、釣り人の味方になってくれるヘッドライトと感じなので、迷っている人は候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。