1つで3度おいしい!?釣り場でスマホなど充電するならこのケーブルでしょう。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

つりしろ編集長
コンパクトなガジェットが好きな、「つりしろ編集長」です。

こんなことありませんか?「釣り場でスマホ電池切れ」。
そんな時に「モバイルバッテリーを持っているから、安心」って、バッテリーを取り出すと「スマホケーブル忘れ」。

あとは、「ヘッドライトの電池切れ」。これも、「車内で充電!って思ったらケーブルが合わない」。

「もー、こんなストレスな社会は嫌だ」とイラダッテいるあなたへおススメなガジェットがありました。

それは、Amazonで購入できる「OATSBASF 3in1 充電ケーブル」。

普段も釣りでも、邪魔にならないコンパクトな充電ケーブル

このケーブルを購入するにあたり、色々な製品を比較しました。
もっとコンパクトな物もあるのですが、USBがむき出しになっていたりして「アウトドアでは向かない」製品。

今回の「OATSBASF 3in1 充電ケーブル」は、最小のサイズで全てのケーブルが本体に収まる「優秀ケーブル」です。

充電可能な形状は、下記の3タイプ。

  • ライトニング
  • Micro usb
  • USB Type-C

しかも、同時に2台充電可能です。車のUSBが一つしかない場合やモバイルバッテリーのUSBが一つの場合でも、「ご心配いりません」。スマホとデジカメ同時に充電できたりします。

モバイルバッテリーに接続するケーブルは?

バッテリー側に接続する形状は「USB-A」タイプ。まー、普通の形状ってことですね。

本体からこのように取り出して、ケーブルを使います。

スマホなどに取り付けるケーブルは?

本体の左右に、充電したい機器(スマホ・デジカメ)を取り付けるケーブルが収納されています。
左右なので「合計2本」。iPhoneなどの「ライトニング」・Andoroidやデジカメなどの「Micro usb」。

あれれ。そうすると、「USB Type-Cがないじゃない」って私も最初は思いました。

「USB Type-C」を使う場合には、ちょっとギミックがありまして「USB Type-C」の変換アダプターが本体上部に埋まっています。まだまだ、「USB Type-C」の機器は少ないので、この仕様が逆に使い勝手いいと思います。

変換アダプターの装着方法は、「Micro usb」のケーブルを反対に向けて「USB Type-C」アダプターに差し込んで抜取ます。
そうすると、「USB Type-C」として使うことが出来ます。このギミックによって、かなりコンパクトな製品になっているんじゃないでしょう?

釣りだけじゃなく、普段持ち歩いてもイイ!スマホの充電に最適。

本体の上部が、キーホルダーのようになっているのでカラビナとかバックにひっかけてもいいかもしれません。
その部分も「OATSBASF 3in1 充電ケーブル」のおすすめポイント。突然のスマホの電池切れなどにも、焦らず対応できますね。

嵩張ったり、準備しないと忘れてしまうアイテムだと「便利!」とはならないですからね。
作りもしっかりしてますし、沢山ケーブルを持ち運んでいる人には「ちょーオススメ」です。

値段も「1300円」ぐらいなので、普段のケーブルストレスから安く解放されましょう!
スマホ、デジカメ、ヘッドライトなんでも、充電しちゃってください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。