2019年は、釣り場でもう寒がらない。釣りの防寒対策は、ミドルアンダーレイヤー

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

フィッシングショーが開催されると、冬を感じる「つりしろ編集長」です。

いやー。寒い寒い毎日ですね。

皆さん、冬の釣りは寒いでしょうか?

最近ですと、ワークマンのイージスとかロープライスの防寒着が流行っていますね。

また、高性能なアンダーウエアとかもチラホラ発売されています。

手軽に防寒対策できるようになって、いい時代が到来しました。

けどけど、もっともっと私は「暖かく」なりたいのです!

そんな貪欲な私が、今期導入したアイテムをご紹介します。

実際は、1年以上釣り場で試していますので、効果は、ご安心ください。

防寒対策の基本的なポイントの記事は、下記。

釣り場で暖房の部屋にいるような防寒対策をしたい

今までも色々な防寒対策をしてきましたが、重ね着を基本としているので、なんだかモコモコするしアウターがダブると恥ずかしい。

肌から出る熱をなんとか集めて、下半身と上半身でシェア出来ないものかと。

そうこう考えていると、イメージにあったアイテムを見つけました。

アンダーウェアと中間着の間を暖める魔法の防寒着

それで見つけたのが、「防寒インナーツナギ」。
しかも、安い!

このインナーツナギに目をつけたポイントとしては

  • 上着をオシャレに選べる
  • 下半身と上半身の体の熱を共有できる
  • 外気の熱を遮断し、内部の熱を蓄えられる

何気に、上着をオシャレにできるのは嬉しいんじゃないでしょうか?

ただし、ツナギには一般的なデメリットもあります。ポイントをあげると。

  • 動きずらい
  • トイレに行く時、脱着が不便

これは、今までの一般的なツナギによく言われてました。なので、今回選んだ製品はこの点を考慮しています。考慮点は、こんな感じ。

  • 釣行時のキャストなど釣りの動きを妨げない様に、「袖なし」と「関節部は伸縮性素材」
  • トイレで困らないように、「腰割れファスナー」装備

実際使ってみると、動きやトイレで困ることはありませんでした。

ただ、注意点としては、サイズを若干大き目を購入した方がいいでしょう。

後は、収納としてポケットが一つあります。

あまり使うことはないと思いますが、「タバコを吸う方」は意外と便利かもしれません。

10℃以下になると、ライターなどのガスが揮発しにくくなり着火しなくなります。内ポケットに入れることによって、着火しずらくなることを防ぐ効果もあります。

この防寒対策、バイク乗りにも激お勧め

私もそうなんですが、バイク乗りにとって「寒くない」シーズンは、1年でそれほど多くありません。
この「防寒インナーツナギ」バイクでの使用もものすごくお勧めです。
なぜなら、アウターが好きなものが着れます!
バイクに乗る人は、バイクはもちろんですが服も装備の一部ですよね?

インナーに大きな武器があると、アウターをおしゃれに決めることができますよ。

2019年の釣り防寒対策は、「防寒インナーツナギ」で決まり

ワークマンのイージスは、「ちょっと」と思っている人や、「今のウェアを冬も着たい」と思っている方は、ぜひ試してほしいです。
寒い格好で釣り場に行っても、「釣果」や「楽しさ」は期待できません。

私も、極寒な地域で釣りをしたりしていますが、寒さで耐えられないという経験はないので今回の装備で不足することはないと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。