初めて買ったワークマン。イージスじゃない釣り用の防寒パンツとしては、どうでしょうか?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

つりしろ編集長
遊びは、無限大な「つりしろ編集長」です。

もう少しで、春も近づき始めた今日この頃。

このタイミングで、買うのは適していない?と思われるかもしれないけど、釣りの防寒パンツを買ってみました。

今回購入したのは、今は流行りの「ワークマン」。

ワークマンの店舗数って、ユニクロを超えてるんですね。

どおりで、家の近所にいっぱいあるんだ。

そんなワークマンですが、釣りの防寒着だと「イージス」シリーズとか、人気ありますね。

イージスについては、星の数ほどレビューがあるので前から気になっていた「防寒クライミングパンツ」を買ってみました。

ワークマンのイージスじゃない理由は簡単。3月以降の肌寒いシーズンで釣りに使いたい

つりしろ編集長
今回、購入したのは「ワークマン AERO STRETCH クライミングパンツ」。

お値段は、な、な、なんと「2500円」!ワークマン!と叫んでしまった。

値段も安いので、挑戦カラー「ハンティング」を選びました。

このカラーでダブっていたら、一目両全なのでワークマン仲間として「逆に仲良くなる」予定。

服装ダブったら、恥ずかしがらずに会話のネタにすればいいじゃない!おれら「ワークマン」だと。

すこし、話は脱線しましたが「ゴリゴリの防寒」ではなく、「適度な防寒」と「動きやすさ」を重視したかったんです。

あと、「ランガン」すると気になるのは、ズボンの「裾」。

つりしろ編集長
意外と引きずったりしませんか?

私は、引きずりまくりです。ということもあり「クライミング型」のパンツ。

釣りウェアに収納力があったほうが便利じゃないですか?ワークマンはいいんです

つりしろ編集長
釣りの時、上着に収納力があっても意外と使いこなせないものです。

ライフジャケットやバックを必ず身に着けているので、上着に収納力があっても使い勝手が悪いんですよね。

そんな理由からも、収納力が高いワークマンの「クライミングパンツ」

これでもか!ってぐらい収納ポケットあります。

鍵・タバコ・スマホどれでも、ズボンに入りますね。

ポケットの数は、全部で「6個」。これは、すごい!

細かなところも意外と充実。釣りで動き回れるワークマン防寒パンツ。

つりしろ編集長
このワークマンのパンツ。とにかく動くことを前提として作られている。

意外と後ろから見ると、パンツがズレ落ちる人が居たりするけど、そんな恥ずかしい事故を防ぐための「ウエストズレ落ち防止テープ」が付いている。

後は、股下にストレッチ素材を採用しているので、釣りで多い動きのしゃがんだり足を広げたりした時にズボンが突っ張らない。

何気に嬉しいのが「ファスナー(チャック)」が「YKK製」。

これは、耐久性に大いに関係あり。やっぱり、「YKK製」とそれ以外では、ぜんぜん開け閉めが違います。安いブランドだと、逆からファスナーが開いて死亡などとゆうことが良くありますからね。釣りでファスナーが使えないのは、致命傷。

物の良しあしは、「YKK」からって言うぐらい私は必ずチェックします。

ワークマン AERO STRETCH クライミングパンツの釣りでの総合評価

つりしろ編集長
ありそうでない。そんな商品だと思います。釣りとワークマンのクライミングパンツは、相性抜群ではないでしょうか?

水辺で遊ぶため、「裾」が濡れづらいのも非常によい。

あとは、なんといっても「安い」!デザインも「オシャレ」!ってことで、超オススメです。

ちょっと手に入れるのは、難しいかもしれませんが見かけたら一度手に持ってもらえるといいかもしれません。

ちなみに、似たようなデザインの釣り用Colombiaのハーフパンツ持っていますが、これは¥7000円ぐらいしました。

ぱっと見では、分からないかも。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。