冬の釣りで神!防寒アイテム。寒さをもう感じない対策はこれだ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

つりしろ編集長
暖かいのが好きな、「つりしろ編集長」です。

最近寒さが一段と増してきました。
冬になると、寒さで釣りに行くのがだんだんと厳しくなってきますね。

私は、寒さ対策(防寒)として色々な物を試してきましたが、今回は「手軽で安く効果抜群!」なアイテムを購入し使っているのでご紹介します。

それは、Amazonで購入できる防寒用の「電熱ベスト」。「KOOHO USB電熱ベスト」のご紹介です。

冬の防寒対策として、電熱ベストはかなり効果的

最初に、結論から進めちゃいます。
防寒対策として、これは「買い」です。間違いなく温かく、快適に釣りができます。

安いし、防寒対策としてあまり期待していなかったのですが、大きな間違いでした。
快適に釣りが可能です!まじで、おススメな防寒アイテムです。

電熱ベストの一番防寒が発揮される着方としては、「長袖下着」の上ぐらいがいいでしょう。
電熱ベストの裏地は、「メッシュ状」になっているのでサラサラした感じになっています。
アウターの内側に着用するので、好みのジャケットが着れるところも超オススメです。

オシャレは、大切ですからね。

他の防寒対策については、下記記事にまとめてます。参考にしてみてください。

 

釣り場で実際に使ってみての最重要ポイントから

これも、最重要ポイントからお知らせします。
防寒対策として電熱ベストを使うときの最重要ポイントは、電源として使う「モバイルバッテリーの容量」です。

今回のテストでは、「10000mAh」のモバイルバッテリーを使いましたが、「一番暖か設定」で使える時間が「3時間~4時間」。
「一番弱い設定」で「6時間ぐらい」に使える時間を延ばすことも出来ます。「一番暖か設定」を基準に考えた方がいいでしょう。

8時間ぐらい釣行する場合は、「20000mAh」ぐらいのバッテリーを用意するか、2個持ちなどした方がいいでしょう。
それぐらい、この電熱ベストの暖かさは「癖に」なります。この電源が無くなることは、防寒対策としてちょっと不安になりますからね。

まだ、手には入れてないですが「24800mAh」のモバイルバッテリーを追加で購入しました。これで、一日は完全に防寒バッチリ状態ですね。

温度の調節などの使い方

温度調節などは、胸元の電源ボタンで出来ます。
説明書では、「赤:65℃」・「白:55℃」・「青:45℃」で調整可能となっていましたが、実際は「緑?」ランプもありました。この設定は謎の温度なところがありますが、使うのは問題ないようです。

釣り場での設定は、気温0℃の時に「赤:65℃」ぐらいで少し暑いかな?ぐらいなイメージです。たぶん防寒としては「白:55℃」でも、大丈夫だ思います。
「青:45℃」は、気温が5℃~10℃の釣り場でいいでしょう。釣り以外でも、寒さを凌ぎたいときに使えるモードだと思います。

釣り用として使う為の電熱ベストサイズ感

ルアー釣りなどで防寒対策として使う場合は、肩周りのフィッティングなどが気になるところです。購入したばかりの調整位置だと、正直「キツキツ」です。

このサイズを丁度よくするために、「脇腹のファスナー」で調整できます。ファスナーがいくつか付いているので大幅にサイズを変えることが可能です。
肩でもサイズを調整できるので、合わせて調整して見てください。

Amazonの説明では「XXLまで対応!」みたいなことが書いてあります。その点には、偽りはなさそうです。

ここ最近では、一番の防寒アイテム間違いなし

今回の「電熱ベスト」は、冬の釣り防寒アイテムとしては、かなりおススメです。
今までは、防寒対策として「Zippoカイロ等」を使っていました。Zippoカイロの利点は、オイルを充てんすれば「無制限で使える」ところ。しかも、実際に燃えているので暖かい。

今回の電熱ベストの利点は、「背中」・「胸」など全体的に暖かくなるところ。あとは、USBモバイルバッテリーを使うので防寒対策としては非常に手軽です。
使いたいときにすぐ使えるので、その点はすごく優れていると思います。

値段もリーズナブルですし、釣りで寒さを感じるくらいなら「ぜんぜん安い」と思います。
気になる人は、ぜひ試してみてください。マジでおススメですよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。