釣り人用「靴下」で快適な足元を安く手に入れよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

釣り人のみなさんは、「釣りに行くときどんな?靴下」を履いていますか?
私の場合は、釣りに履く「スニーカーやブーツの種類」などで変えたり、季節などで変えていたりしました。特にウェーダーやブーツの時は、足とゴム素材の擦れが気になるため、靴下の選択で快適性がかなり違うために慎重に選んだりしています。

毎回の釣りの靴下選びが意外と面倒くさい

この靴下選びが、釣行の度に発生していたので意外と面倒でした。そんなこともあり、「釣り用に何か良い靴下」がないものかとAmazonで探して使ってみたらよかったので、今回ご紹介します。

マルチ利用の靴下を発見

YUEDGEマルチ利用の防臭吸汗靴下を購入

Amazonで探していると多くの靴下が販売されていますね。その中から、「アウトドアでの評価が高い」靴下を見つけたので購入して試してみました。3足セットで下記のお値段です。私は「グレー1901」のカラーを買いました。

「グレー1901」を購入。3足セット

重要ポイントサイズ選びについて

重要なことなので、最初にお伝えしておきます。この靴下のサイズについてですが下記のようになっています。

  • 25.0cm~27.0cm
  • 27.0cm~29.0cm

私は普段「27.5cm」のスニーカーを履いています。この靴下を選ぶときは「サイズ表記通り」で購入することをお勧めします。「27.5cm」なので一瞬「~29.0cmでは大きい?」ように見えますが、サポートが強い靴下ですので逆にちょうどよいです。靴下のサイズ選びで悩んだ方は、参考にしてみてください。

選んだポイントは釣りに必要な「機能性」

沢山ある靴下の中から、この靴下を選んだ理由を挙げると下記になります。

  • 足の疲れを軽減できる「サポート性」
  • 足をドライな状態に保つ「通気性」
  • 足裏の痛みを低減する「クッション性」
  • いやな菌の増殖による匂いを防ぐ「防臭加工」

釣りをしてる時に、「このポイントが解消」されたらとても快適に釣りができると普段から思っていました。しかも、この機能が備わっていれば「どの靴でもこの一足」で釣りに行けそうな感じです。

足の疲れを軽減できる「サポート性」は?

実際履いてみると「靴下のサポート性は強い」です。最初の印象は「これ靴下?」って思うかもしれません。実際に履いて使てみると程よいサポート感でこれが問題になることは無いと思います。このサポートによって、足の疲れを低減してくれます。これは、偽りがない機能を保有してますね。

しっかりとしたサポート力

足をドライな状態に保つ「通気性」は?

この靴下の「甲」の部分にメッシュ状の部分が2か所あります。このメッシュですが、かなり通気性がよく生地の反対側も見えるくらいです。実際に靴下を履いてみると、ここから空気が通っていることは感じれると思います。ゴム製のブーツなど密閉性の高い靴の時は、重宝しますね。
注意事項としては、防寒性能はあまりないと思ってください。動いた時の足の汗や熱を放出することを念頭に置かれていますので、「防寒靴下」みたいに保温はしてくれないです。ですが、普通の靴下以上は暖かいです。

わかりずらいがメッシュの間に肌が見えている

足裏の痛みを低減する「クッション性」は?

靴下の裏側には無数の「リブ上のクッション」がついています。このクッション性は「評価の通り、非常に高く」評判通りの性能を感じると思います。釣りでの「ラン&ガン」をするときなど、役立つ機能だと思います。

靴下の底にクッション機構がある
踵はこんな感じ。ぴったりとフィットする。

いやな菌の増殖による匂いを防ぐ「防臭加工」は?

やっぱりうれしい「防臭加工」。これについては、まだ評価できていません。特に嫌なにおいなどは発生してないですが、季節が進み夏ぐらいにならないと評価できないかもです。
ちなみに、靴下の生地は非常に肌触りはいいです。こればかりは、実際に履いてみないと伝えられない部分ではありますが。

消臭性能は、寒いシーズンには判断できなかった

これからの春のシーズンから1年中使えそうな釣り用靴下かな?

お値段も一足「500円以下」で購入できる高性能靴下。釣りやアウトドアでは、足元が不快だと台無しになってしまうので、靴下もこだわって使ってみることをお勧めします。この靴下が「合う・合わない」があるとは思いますが、お値段も安いので一度試してみても、良いかもしれませんね。私の使った感じだと、釣りに適した靴下だと評価できる商品でした。

関連記事一覧