ゴメクサスをシマノリールで試してみる!パワーハンドルでリールのポテンシャルを引き出せ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

今回は、「ゴメクサス(Gomexus) パワーハンドルノブ」のご紹介です。
最近、青物との格闘で「腕が疲れて悩んでいる」、「つりしろ編集長」です。

カスタムノブの「ゴメクサス パワーハンドルノブ」を購入するきっかけ

中級クラスのショアジギングで、「シマノ アルテグラ 4000HG」を使っているんですが、どうも力が入りずらことが悩みです。
あなたも経験ありませんか?リールのハンドルが「グワングワン」回ること?

あと、青物との格闘で「腕が疲れて悩んでいる」のもあったんですね。
その悩みを解消すべく以前から、パワーハンドルに変えようと思っているのですが、結構難しい感じなのです。
「Tノブ」って呼ばれる普通のハンドルから、変えようと思うと「型式」の違いによりシャフトから変えたり、そもそもつけることもできないパターンも多いです。
よくよく考えると、「Tノブ」って日常生活だとあまりない形の「ノブ」なんですよね。ドアでもパチンコでも、ノブは丸形です。

話を戻しましてノブを交換できたとしても、結構金額も高いんですよね。

シマノ・ダイワ両方であるリールの「Tノブ」問題点

ざっと今の問題点を挙げると

  • 「力がはいらない」
  • 「付けられる?付けられない?」
  • 「金額が高い」

ってところでしょうか。
そんな、問題点を抱えながら「Amazon」で探していると・・・・・・見つけました。
その名も、「ゴメクサス(Gomexus) パワーハンドルノブ」。

「シマノ派・ダイワ派」の方も、喜んでください。どちらも対応しています

この「ゴメクサス(Gomexus) パワーハンドルノブ」なんと、シマノ・ダイワ両方対応しています。
当たり前のことなんですが、メーカーから出ているノブはメーカーごとに決まっています。

けど、私たち買う側から考えればこれって不親切なんですよね。
そんな意味でも、うれしい仕様だと思いませんか?

「ゴメクサス パワーハンドルノブ」の装着作業開始

早速、注文して実際に「シマノ アルテグラ 4000HG」につけてみました。
まず装着は、「問題なし」。これで、「付けられる?付けられない?」かは、クリア。
ポイントとしては「型式(タイプ)」によって、商品は分かれているので自分に合った物を、チョイス。
装着後、試しに回してみるとベアリングも入っているので、巻き心地も満足いく感じ。
補足として、固定ネジに「ネジ止め」を塗ったほうがいいと思います。トルクがかかる部分なので、不意なゆるみを防ぐために(ちなみに私は塗りました)
そして、お値段。私が購入したときは「¥1,990」でした。これは、破格です。

「ゴメクサス パワーハンドルノブ」の効果と実力

これは、実際釣りに行って試してきました。
トータル、青物を30本は釣ったと思います。結果・・・・・・・「力が入るぞ」
全然違う!これは、バカにできない。特にバイト後の主導権。この時の、トルクをものにできるのでとてもおすすめ。

カスタムノブに変えてリールに対しての問題はどうなった?

実際の釣行に行って、問題点は解決されていることを確認できました。

  • 「力がはいらない」→「主導権を得れるトルクをゲット」
  • 「付けられる?付けられない?」→「タイプを吟味し、装着OK」
  • 「金額が高い」→「¥1,000円台で購入可能」

これは、早くカスタムノブにしておけばよかった。
私のようなリールに対しての悩みを持っている方には、超おすすめなのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。