自分の愛用リールをインテリア化!1000円のディスプレイスタンドで「映える?」かレビュー

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

まだまだ続く、理想の釣り部屋DIY。今回は、愛用のリールを美しくディスプレイできないものか?とリールディスプレイスタンドを探していました。
今回は既製品を使うので、特別作成するDIYなどはありません。今回は、購入すればOKの内容となっています。

まずは完成図から

Amazonでコスパがいい!リールスタンド発見!

今回もお得意のAmazonでよさそうなリールディスプレイスタンドを発見しました。
リールディスプレイスタンドを探したことがある人ならわかるかもしれませんが、リールディスプレイスタンドは意外と高い商品になります。需要の問題なのか?製造の問題何か?手軽に買えるお値段では、なかなか売っていません。
今回は、Amazonで1000円以下でリールディスプレイスタンドを見つけたので、試しにポチって見ました。

2020/05/20追記。ご紹介していた「シルバースタンド」が完売となりました。別の色ならまだ取り扱いしています。

AGOOLリールディスプレイスタンドの種類とサイズ

このリールディスプレイスタンドは、大体1000円ぐらいで売られています。大体と書いた理由は「色によって値段が違う」ためです。今回は、「シルバー」を購入しましたが、全部で3種類色があります。

リールディスプレイスタンドの色3種類

  • シルバー(在庫なし)
  • ゴールド
  • ローズゴールド

色によって値段が違いますが、数十円~数百円レベルなのでお好きな色を購入して問題ないでしょう。

リールディスプレイスタンドのサイズ

今回一番気になっているのが、サイズです。Amazonに記載があった説明を転記しますが実際にどのくらいの?サイズ感なのか気になります。大きいリールだとディスプレイできないような?危険を感じましたが、あまり気にせずチャレンジしてみました。

リールディスプレイスタンドサイズ感

AGOOLリールディスプレイスタンド開封とレビュー

Amazonで注文してからすぐに到着したので、さっそく開封とレビューしていきます。今回、試しにAGOOLリールディスプレイスタンドにマウントするリールは、「ダイワ カルディア 4000」にしました。このリールは、サイズも大きめですし釣り人がサイズ感を知るためには、良いサンプルかな?と思い選んでいます。

ダイワ カルディア 4000
傷は、あまり気にしないでください。(^-^;

AGOOLリールディスプレイスタンド開封

パッケージは、ビニール袋。
袋を開けるとまたビニール
入っているのは、3つのパーツ。説明書なし。
説明書がないみたいなので、ここに貼っときます。
説明書通りに、土台とアームを接続。
土台についている、ねじ止め用の穴
付属の六角ネジとレンチ
土台とアームをネジ止め
2か所取り付け
それで完成

AGOOLリールディスプレイスタンドレビュー

では、実際にAGOOLリールディスプレイスタンドに手持ちの「ダイワ カルディア 4000」を飾ります。
結果的に問題なく「ダイワ カルディア 4000」はディスプレイできました。そうすると「シーバス」・「ブラックバス」などのサイズ感のリールは問題なくディスプレイできるでしょう。シマノは同じ型番であれば、ダイワより小型でしかも最近のリールは、「シマノはCシリーズ」・「ダイワはLTシリーズ」があるのでより小型です。そんな状況からも、さらに大丈夫だと思います。

ダイワ カルディア 4000
上から撮影
後ろから撮影
横から撮影
前から撮影
横から撮影

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。