強烈撥水!安全釣行、雨でも釣り車の視界を確保するコーティング剤とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長

これから雨が多いシーズン。どうしても、車の視界が悪くなりがちですね。

雨の中の車での釣行ってストレスたまりませんか?少なくとも私は、車からの視界が悪くなりストレスが溜まりますね。そんな、ストレスをためるのが嫌いな私は前回、ワイパーブレードを新品に交換しました。これで、雨の日の対策はある程度十分なんですが、今回はこれにプラスして更に雨の日の視界が改善されるように「フロントガラスへのコーティング」を実施していきます。

フロントガラスについた水滴は、視界を阻みますね。

ガラスコーティングは一番定評のある「クリンビューガラスコートハイブリッドストロング」

フロントガラスのコーティングは、世の中に沢山有れど迷ったらこれが一番だと思います。性能・見やすさなどすべて兼ね備えたコーティング剤は「クリンビューガラスコートハイブリッドストロング」で決まり
これは騙されたと思って、「クリンビューガラスコートハイブリッドストロング」を購入しておけば間違いなしです。

「クリンビューガラスコートハイブリッドストロング」の施工手順

「クリンビューガラスコートハイブリッドストロング」をフロントガラスに施工するのは、「非常に簡単」です。ですが、撥水効果を最大限にするためには「少し手間」をかけてあげるのが重要でしょう。まず初めに、フロントガラスについている「汚れ」や「古いコーティング」を除去してあげるのが重要になるんですね。

施工前の事前準備作業

私は、必ずフロントガラスなどに施工する前には「古いコーティング」を除去しています。このひと手間だけで、プロ級の仕上がり具合になるんですね。下記が私が使っているガラスコンパウンドになります。

上記が手に入らない場合は、有名どころで「キイロビン」などがあります。これも、時々私も使っています。

私は、このガラスコンパウンドがお気に入り
軽く汚れを落とした後、コンパウンドで磨く
そうすると、フロントガラスから油分や汚れが完全に除去される

ハイブリッドストロングを施工する

ハイブリッドストロングの施工方法は、とても簡単です。コーティング剤をフロントガラスに塗り込み、乾いたら硬く絞ったウェス等で吹き上げるだけ。それだけで、施工が完了です。
こんな簡単な施工ですが、撥水は「鬼のような効果」がありますよ。

パッケージは、こんな感じ。お近くのホームセンターで購入できると思います。
裏面は、このようになっています。
ボトルを押して、容器のフェルトに染み込ませて塗り込みます。
伸びやすいので、塗るのは簡単です。
白く乾いたら、あとは濡れたウェス等で吹き上げるだけ

これだけで釣行以外でも雨の日の視界がクリアに

今回ご紹介した「クリンビューガラスコートハイブリッドストロング」は、まじでお勧めです。雨の日の視界が本当に激変すると思います。いままで見ずらい場面など、多くのストレスが解放されるのでぜひ試してみてください。

関連記事一覧