プラダン以外で車中泊目隠しDIY。消音性と柔軟性があるこのアイテムが使いやすい!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

皆さん、車中泊を楽しまれていますでしょうか?まだ、車中泊をしたことがない人も、したことがある人も一番気になることってやはり「プライバシー」じゃないでしょうか?
寝ているときに車の中が見えるような状態だと心配でゆっくり眠れないですよね。そんな、外部からプライバーを守るアイテムを「100均のあるアイテムを使って」DIYしてみたいと思います!

車外からのプライバシーを守る

ダイソーで材料を揃えられる車中泊DIY

今回は、100均のダイソーで購入できる「あるアイテム」を使った車中泊アイテムDIYです。既製品を購入するより非常に安価に作成することが可能です。今回は、200円で作成することができました。

隙間なくプライバシーを守る「車中泊目隠し」を100均アイテムで

車で寝ているときに外から見られたら嫌ですよね。そんな、ストレスとおさらばするために今回の「車中泊用目隠し」のDIYをものすごくお勧めします。
汎用品のカーテンよりも、隙間がないのでより強固なプライバシーが守られます。

ここが新しい!定番の「プラダン」ではなく「ポリエステルスポンジ」を利用する

今回のおすすめポイントがココ。よく紹介されている「プラダン」を利用した車中泊目隠しのDIYではなく、今回は「ポリエステルスポンジ」を利用した目隠しをDIYする。「ポリエステルスポンジ」を利用するといくつかのメリットがあるんですね。

  • 柔軟性があり窓枠にしっかりとハマる
  • 窓ガラスのような、湾曲にもしっかりフィット
  • 加工しやすく、ハサミなどでも切れる
  • 消音性があり窓からの音漏れを防ぐ効果が期待できる

上記のようなメリットがあるので、車中泊用目隠しをDIYするときは「ポリエステルスポンジ」をお勧めする。しかも、プラダンより安価に購入可能!

ダイソーだとポリエステルスポンジは「カラーボードという商品」

ダイソーで購入した「カラーボード」を窓の枠に合わせてカットし、車中泊用の目隠しをDIYする。今回は、「現物合わせ」で作成したので寸法などは事前に確認していない。
ちょっと、寸法を測らないで作成したので細かな隙間が出来てしまった。皆さんが作るときは、しっかりと寸法を測ることをお勧めする。実際に作ったのは、私の釣り車のパジェロミニ用の車中泊目隠し。後席用の左右2枚を作成した。

完全に光などをシャットアウト。遮光性の目隠しが完成

大体2枚の目隠しをDIYするのに「30分」ぐらいかかった感じ。私の場合は「ロッドフォルダー」を装着した状態のまま作成したのでこんなに時間がかかってしまいました。
邪魔するものがない状態であれば、「綺麗」にしかも「短時間」で作成することは可能かと思います。もし、失敗したとしても100円ですので再チャレンジしやすいですよね。
工作気分で作成できる「車中泊目隠しDIY」なので気になる方は、チャレンジしてみてください。気になる方は、ダイソーへGO!

関連記事一覧