1000円台でSUVお手軽カスタム!露骨度をアップさせるアイテムはこれ!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長

お値段を安く、見た目をカスタムしたいと思ったらお値段以上のアイテムがあったので取り付けてみました。

最近、我が釣り車の「パジェロミニ」カスタムが止まらない。タイヤを変えて、すっかり雰囲気が変わって私的には大満足。さらにSUVの露骨さをアップしたく、お手軽なカスタムアイテムを取り付けてみました。

1000円台で購入できる牽引フックを釣り車に取付

今回のアイテムは、Amazonで購入できる汎用牽引フックです。いくつかのブランドから牽引フックが発売されており、その中から「パジェロミニ」に問題なく取り付けられるであろうという商品を購入しました。取付方法が汎用的なので多くの車種に取り付け可能だと思います。

一点注意!牽引フックは実用性は「ない」と思った方がいい

この牽引フックですが、本当に「車を牽引できる耐久性はない」と思った方がいいでしょう。つまり、見た目を楽しむパーツだとお考え下さい。間違えても、牽引しないでくださいね。

牽引フックの取り付け方法は「簡単」。車の牽引フックにネジ止めするだけ

皆さんが気になる取付方法ですが、非常に簡単です。付属のネジで車の牽引フックにネジ止めするだけです。イメージ的には車についている牽引フックをこのアイテムで延長するような感じです。
アイテム的には、「わざと見える牽引フック」にすることで露骨さをアピールできる形になります。実際に使うことがなかなか無い牽引フックですが、ファッションアイテムとして導入するのもおしゃれだと思います。

実際に私の釣り車「パジェロミニ」に取り付けてみる

私の場合は、パジェロミニに取付しますがご自身の車にも取り付け可能か?を下記の内容から判断できると思いますので、参考にしてみてください。

牽引フック取付前のリアの写真

上記の写真は、パジェロミニの車についている牽引フックの形状

上記のように牽引フックを固定。

取り付け後は、こんな感じに。
取り付け後のリア写真
ちょっとカッコよさそうな角度から撮影

私的には想像以上に雰囲気がアップしたと感じた

実際に取り付ける前は、「それほど変わらない」と思っていたけど実際に取り付けてみるとSUVらしさが増したような気がする。実際に使うことはできない牽引フックだけど、作りとか大きさは本物サイズなので見た目だけのようには全く見えない。本物のような存在感なので、こんなに雰囲気がアップするのだろう。気になる人はぜひチェックしてみてください。

関連記事一覧