車中泊用のベットをバージョンアップ!約300円のフェルトで質感向上してみた

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

つりしろ編集長

一年前に作った車中泊用のベットをちょっとバージョンアップしてみた。

一年前、車中泊用のイレクターパイプベットを作成した。この一年使って、とくに不満がなかったけど少し見た目を変えたいと思い、フェルトで質感向上を狙ってDIYをしてみた。

一年前に作成したときの写真。板をそのまま使用している。

今回のDIYは板にフェルトを張り付けて質感向上を狙う

今回のDIYは、車中泊用のベットの板に「フェルト」を張り付けて 質感向上を狙う。今回、用意したアイテムは下記の2つ。

  • フェルト(110cm幅X2m) 厚さ約1mm(1/5ぐらい余ります)
  • 木工用ボンド(500ml)*速乾性ではないもの
created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥418 (2021/12/03 11:42:02時点 Amazon調べ-詳細)
フェルトと木工用ボンド
木工用ボンド(500ml)
フェルト(110cm幅X2m) 厚さ約1mm (コゲ茶なんですが、写真で見ると紫に見える?)

実際に車中泊ベットへフェルトを貼っていく

DIYの作業は、簡単で木工用ボンドでフェルトを貼るだけ。大体のサイズでフェルトをカットし、板に張り付けていきます。

現状のベット板の状態。
板に巻き付けるぐらいの長さでフェルトをカットする。
角のカットも事前に行っておく。
板全体に木工用ボンドを塗る。多めにつけているように見えるが薄くても大丈夫。
板をフェルトに張り付ける。
巻き込む部分に木工用ボンドを付けて、巻き込んで固定。
丸一日乾燥させて、完成!作業自体は、とても簡単です。なんども言いますが、実際はこげ茶色のフェルトです。
ビフォーアフターの写真がこちら。

かなりお手軽な作業なのでぜひチャレンジしてみてください

今回は、激安で購入できた「こげ茶フェルト」を使いましたが、ご自身で好きなカラーを選べるのが魅力です。いくつか安く購入できるフェルトを選んでみたので、良かったら見てみてください。

関連記事一覧