冬準備。夏用シュラフを秋冬対応シュラフに買い替えずにアップグレード

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

早いもので秋シーズンも終盤。これからは、本格的な冬へと変わり始めていく段階です。一か月前に購入した車中泊用シュラフも、そろそろ寒さ的には厳しくなってきました。

10月後半に海で車中泊をする予定なので、寒さ対策として「夏用に購入したシュラフにインナーシュラフ」を追加して防寒対策を追加してみました。

秋の始まりまで使っていたキャプテンスタッグの最低温度12℃に+アルファ

前回購入したときは、まだ日中は「30℃を超える」ような暑さの時期だったので「キャプテンスタッグ 最低使用温度12℃」でちょうどよい感じだった。

秋も深まり10℃を下回る最低気温に対応する

今回は、もう一つシュラフを買う方法で対応するわけではなく、インナーシュラフを新たに購入し寒いシーズンでも対応できるようにしようと思う。結果的に2つ用意することにはなるが、シチュレーションによって使い分けることが出来るのは、何かと便利。その考えもあって、今回の購入となった。

Rakutenでインナーシュラフを約1500円で購入

値段も安く、コンパクトで色もお洒落な下記を購入しました。
今回は、「グレー」を購入。
ちなみに、MERMONTインナーシェラフは「適温10℃以上」となっています。

MERMONTインナーシェラフの機能

MERMONTインナーシェラフにはこんな特徴があります。(説明などはサイトからの転用)

MERMONTインナーシェラフ
収納袋ついてます
アウターシュラフとインナーシュラフで保温力倍増
サイズは、こんな感じです

実際に外気最低気温6℃で使ってみた。

結果的には、「寒くなくちょうどよい」印象。中には、普通のズボンとTシャツの上に前回ご紹介したフリースパーカーを着用。その状態でシュラフで寝てみたが、「熱くもなく寒くもなくちょうどよい」。ちなみに前回購入したのは、下記になります。

実際の収納袋にないっている時のサイズ感。手で握れるぐらいのサイズ。
一度使った後に収納した関係で綺麗に畳めなくてすみません。
ヒモは、インナーシュラフに縫い付けてあるので、無くすことはありません。
最初に広げた感じだとこのくらいのサイズ。
生地の厚さは、5mmぐらい?正確ではないので、悪しからず。
首元のファスナーは、直接皮膚にあたらないよう保護されてます。

どうでしょうか?MERMONTインナーシェラフ。
インナーなので、洗ったり・買いなおしたり手軽にできるものが良いのではないのでしょうか?高品質ってわけではないですが、自宅で洗ったり手軽に使えるのが本製品の魅力だと思います。気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

-釣具の整理・収納にお困りなら-
-安くて便利なアイテムが豊富-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。