運河バチ抜け釣行。港湾のバチ抜けシーバス参加は、8年ぶりくらい?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

河川バチシーバスは終了とした、「つりしろ編集長」です。

今回は、運河のバチ抜けシーバス参加。

運河のバチ抜けシーバスをやるのは、何年ぶりだろう?

ここ数年で、港湾付近(東京湾奥)の多くが釣り禁止となってしまったのもあって、ほとんど足を運んでいなかった。
何時もなら、「桜の咲くころ」から楽しんでいたが、昔から通っているポイントは昨年「釣り禁止」に。

ということもあり、昔行ったことがある東京都の運河へと足を運んだ。

東京都港湾運河釣行日時

釣行日:2019年4月7(日)
場所(ポイント):東京都港湾運河
時間:19:30~22:00
潮:中潮(満潮18:44)
水色:クリア

運河のバチ抜け(ベイト)の様子は?

バチ抜けに関しては、「少々」。

中ぐらいのバチが、引き波立てて泳いでおります。

岸際には、「マイクロベイト」。

まさしく、春っぽい感じ。

ここのエリアでは、これからがバチ抜け本番って感じですね。

河川ばっかりやっていたから、流れの弱い場所での釣りを忘れちゃった?

あれだけ、湾奥やっていたのに久しぶりだと右も左も忘れちゃった感じ。
しかも、ほぼ初場所ということで、今回は「プラ状態」のつもりで向かった。

19時過ぎには、ポイント到着。

早速ポイントを観察すると、「ライズ」が結構出ている。

でも、これじゃ反応無いんだよな。と思いつつも開始。

「一投目」早速。

「バシャ」。

いきなり出た。

ルアーをアルデンテにチェンジ。

沖目にキャスト。

「ググ」。

さっそくヒット!

サイズは小さめなので、難なくキャッチ。40cmぐらいかな。

バチを捕食しているのか?確認したく「シーバスの口の中」を覗き込む。

何もなし。しかし謎の「発光物」がある!?新種のシーバスか?

その後、ランガン開始。

ランガンしていると、多数のアタリが・・・・

「ググ」。「コン!」。「ブルブル」。

だけど、フッキングしない。

今日は、リハビリ釣行だなこれは。

散った桜が水面を覆い初めて、なんだか春を感じますね。

時は、もう22時。

明日も、お仕事なのでこの辺で。

消化不足のような感じだが、まーいいでしょう。

これからも、たまーに通ってみますかね。

運河バチ用ルアーは、こちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。