神津島2度目の上陸。ある意味爆釣!青物を狙った釣りを楽しむ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

またまた、神津島上陸の「つりしろ編集長」です。

この記事は、2017年7月1日-2日の釣行です。

前回、釣行時には「ヒレナガカンパチが釣れました!

今回は、さらなる大物を狙って意気揚々と神津島に上陸です。

東京都神津島釣行記録

釣行日:2017年7月1日-2日
場所(ポイント):神津島

当日の東京都神津島の状況

今回は、残念ながら雨模様。そんなに雨脚は強くはないが終始雨が降っている。
その影響からか、うねりがあり波が高い。

その為、狙えるポイントはある程度限られた状況だ。

東京都神津島1日目

フェリーで到着し、さっそく釣り開始。

最初は、フェリーが接岸したフェリー港ですぐに釣行開始します。

様子見のようで、実はかなり期待つつ開始します。

何度かキャストを繰り返しますが、残念ながら反応なし。

ひとまず、フェリー港は終了として本命の磯に向かいます。

しかし、波が高く本命の先端に立つことができません。

そんなこともあり、お昼を食べるついでに場所移動。

波の影響が少ない場所を選びます。

到着した場所は、「ヒラスズキ」メインのエリア。

いい感じで、サラシも出ているので雰囲気は抜群です。

しかし、ぜんぜん反応なし。

なので、少し沖目の深場を探ります。

「60gのメタルジグ」をセットし、遠投!

着底を確認しつつ、ファーストリトリーブで攻めていきます。

そうすると、すぐに反応ありヒット!

ここから同じパターンで、ちびっ子たちがどんどん釣れます。

写真は、3枚ほどですが実際は10本以上釣れました。

日も傾き始め、今回お世話になる宿へ向かいます。

ここの宿は、いつも食事が豪勢でお勧めですよ。

美味しく食べ終わった後は、宿のご主人と釣り談議。幸せを感じるひと時ですね。

東京都神津島2日目

2日目は、早朝3時に起床し目的の磯に入ります。

この磯は、前回「ヒレナガカンパチ」が釣れた磯。

宿のご主人の話では、「20kgのカンパチ」も釣れるらしい。ほんとだろうか?

そんなこんなで、釣り開始。

朝の9時まで、粘るが何の反応もなし。同行者は、「イナダ」。先行者は、「シイラ」を釣っていたが私は反応を得られず。

一旦宿に戻り、朝食を食べて昨日反応が多かった「ヒラスズキ」ポイントへ。

早速、ヒラスズキを狙っていくがこちらは反応なし。

状況が良ければ、無数のチェイスがあるらしい。

反応を得られないため、昨日と同じ狙い方をしてみると、またまたちっびっこ青物の登場。

小さくても引きはそれなりに楽しめるので、楽しみながら今回の釣行は終了となった。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。