ルアーのサイズ感バロール90が効く!春のマイクロベイトシーバス対策に実証

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長

春のマイクロベイトパターンに新しいルアーを投入してみる。

暖かいようでまだまだ朝晩は、肌寒い。そんな感じで皆さん過ごされているかと思います。
関東のシーバス状況をお伝えすると、安定していない状況が続いています。どこも、渋い状況だと伺っていますが皆さんはどうでしょうか?
そんな中、またもや埼玉県の最上流部へシーバス釣行へ行ってきました。

今回は新ルアーのバロール90で春の攻略を試してみたかった

今回は、渋い状況なのはわかっていますが先日入手した「バロール90」を使ってみたかった為、埼玉県の最上流シーバスを狙いに行ってきました。

バロール90

前回、最上流を狙ったときは「食わせを意識したルアー」を中心に使ってきましたが、今回は「その特性+シンペン」という領域を開拓してみたかった。その領域をカバーしてくれるルアーが「バロール90」というわけです。

バロール90は「飛距離」+「アクション」が良い

バロール90を使ってみた感想は、「ルアーが飛ぶ」+「水押しが良い」というのが率直な印象。つまり、ルアーアクションが良いということになる。意外とシンペンで水押しが良いルアーというのが、あまり発売されていない。すぐに思いつくのは「ガルバ73」ぐらいかな?と思うぐらい。

バロール90でマイクロベイトを意識した春の実釣シーバス釣行

  • 釣行日:2021年4月16日(金)
  • 場所(ポイント):埼玉県最上流域
  • 時間:21:00~23:00
  • 潮:中潮(満潮19:58)
  • 水色:ささ濁り

今回は、ポイントを大きく変えて初めての場所。そんなこともあり、定番の「下げ潮」を狙ってみた。ポイントに着くと生命感もそれほどなく、ちょっと期待外れ感の強い感じだったがせっかく来たのでシーバスを狙い始めた。
このポイントは常夜灯があるため、その周辺にシーバスが潜んでいる可能性が高い。常夜灯の光と「ルアーの金色」がリンクするように、コースにこだわりながら攻めていく

今回は「金色バロール90」を使ってみた

ルアーカラーと明暗のリンクする場所でトゥイッチ

何投かしているとベイトにあたる感触があるため、マイクロベイトがその周辺に集まっているらしい。少しベイト騒がしいと思う場所でバロール90をトゥイッチ。そうすると、シーバスがヒットした!ビンゴ!
それほどサイズは無さそうだが、パワフルな感触が手元に伝わってくる。あんまり無理をせず、見事キャッチ!
ここは足元が悪い場所なので、メジャーなどで計測はせず写真だけ。

金色が常夜灯でアピールしてくれた

バロール90はマイクロベイトで有効なことを実証できた

バロールは、今シーズン「バチ抜けシーバス」で話題になった。その時、このルアーのポテンシャルを感じ取った時「マイクロベイトにも有効」だと思っていた。今回は、その検証もできたので今後一軍ルアーとして登場させていきたい。皆さんも、バロール90を試す機会があったら是非使ってみてください。

関連記事一覧