偶然か?必然か?このルアーが好反応だった初夏のナイトトップシーバスゲーム

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

前回の最上流シーバス攻略で新たなパターンを見つけたノガレでの攻略。再びノガレでのパターンを再現すべく、前回と同じポイントへと向かった。今回も同じパターンで攻めてみることとする。

ノガレでシーバスハクパターン攻略を再現したい

前回、ノガレでハクパターンを攻略できたので今回もノガレで攻めるつもりでポイントに入った。しかし、今回は風が強すぎてノガレではうまくルアーを流すことができない。何投かしてみたが、風で流されてうまく通したい場所を通せないので、ノガレについてはあきらめた。

風が強く水面がバチャバチャしているが表層を狙いたい

ノガレで狙う層をアピール力が高いルアーで試しに攻めてみたい。そんなことを考えていると、ちょうどルアーボックスに入っていた「ima ポッキー80」に目が行った。試しにこのルアーで表層を攻めてみる。

シーバス釣行場所:埼玉県最上流(河口から30km以上)

  • 釣行日:2021年6月11日(金)
  • 場所(ポイント):埼玉県最上流(荒川)
  • 時間:20:00~23:00
  • 潮:大潮(満潮18:47)
  • 水色:クリア
  • 風:東風強め

爆釣したパターンはスプラッシュを出してステイを3秒間。

色々な使い方ができる「ima ポッキー80」。逆にその使い方のバリエーションの多さで、「いまいち使いこなせない」って方も多いのではないのでしょうか?わかりやすくトップ系の動きをまとめると、大きく2つに分かれます。

  • 連続アクション
  • ストップ&ゴー

このどちらかの動きが基本中の基本になります。だれでも一番初めに試すのがドックウォークなどの「連続アクション」だとは思いますが、「このアクションにハマる確率は低い」動きなのも頭に入れておくと良いかもしれません。
一番試してもらいたいのがどの動きでも「ストップ&ゴー」を意識しながらの「ステイを長め」に取ってみましょう。このステイが「ベイトが多い時や魚が沈んでいる時」などに有効なんですね。

「ima ポッキー80」を「1スプラッシュで3秒ステイ」パターンで7ヒット3ゲット

今回は、流れの上流側に「ima ポッキー80」をキャストし、軽くジャークでスプラッシュを立てた後にステイを3秒間。すべてのシーバスが「ステイ中にバイト」してきた感じ。どうしてもトップ系のルアーは、フッキングが甘くなりがちなのでキャッチ率が下がってしまうのは、悲しいところ。

今回一番大きかったシーバスは「60cmアップ」。
あとは、50cm台が中心。
ベイトがたくさん群がっている中にルアーをキャストしても、アピール力が強いのでしっかりバイトしてくる。
回遊魚が中心な感じ。

やっぱり夏はトップが面白い!ヒットした時の興奮はシーバスアングラーを魅了する

シーバスのトップゲームは、やはり興奮する。ミノーゲームと違て、バイトシーンが見えるというのは本当に快感だ。単純にシーバスのサイズだけでは語れない魅力がトップにはあるので、これから始めるシーズンに合わせて皆さんも楽しんでほしいと思う。

関連記事一覧