ハクボイルにトップルアーが好調続く。釣果だけじゃないシーバスの楽しみ方。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

つりしろ編集長

すっかりトップでのシーバスバイトにハマっている「つりしろ編集長」です。

6月に入り、ベイトの種類も増えてきている最上流シーバスポイント。塩分濃度が低い最上流エリアは、一番数多くいるベイトは「ハク」。最上流エリアの攻略にあたり、ハクボイルに対してルアーをバイトさせることができれば最上流エリアでシーバスゲームを成立させることが出来るんです。

シーバスゲームにおいてハクボイルに対応させる方法は?

ハクボイルは、季節によって「ヒットさせやすい」ルアーが違ってくる。春~初夏については、基本的にマニックなどのドリフト釣法などが、一番簡単にヒットさせられると個人的には思っている。

しかし、季節が進み初夏を迎えるとドリフトなどのナチュラルなルアーの動きには、反応しなくなってくる。例年6月にこのパターンが色濃く出やすい。例外もなく今年もドリフトには、反応が薄くなってきた。

トップのみでハクボイルを攻略する方法とは?

ハクにボイルしているシーバスを攻略するには、いくつかの注意点があると私は思っている。注意してほしいのは、「ハクボイル」しているシーバスに対しての話であり、シーバストップゲームにおける話ではない。このハクボイルに対しての攻略注意点は、以下が代表的な所。

  • ルアーは、垂直浮きタイプ。(ノーアクション時に頭部分が水面より上に出て、ボディの大半が水に浸かるルアー)
  • 基本は「ラトルなし」。状況によって「ラトルあり」。
  • 基本アクションは、ステイ&ゴー。

上記の注意点を意識すれば、ハクボイルしているシーバスを振り向かせることができる。この中でもすごく重要なのは、「ステイ&ゴー」のルアーアクション部分になる。

今回選んだルアーは「以前ワゴンセール」になっていたトップルアー

最近は、好んで「imaポッキー80」を毎回登場させていたが、特徴が一緒なルアーをタックルボックスから選んで使ってみた。2年前ぐらいに「600円ぐらい?」でワゴンセールになっていた「DUEL シルバードッグ75」というペンシルベイト。これも今回の特徴に合致しているので、試しに投入してみたら・・・・

DUEL シルバードッグ75はこちら。

ちなみに、imaポッキーは下記でご紹介しています。

シーバス釣行場所:埼玉県最上流(河口から30km以上)

  • 釣行日:2021年6月25日(金)
  • 場所(ポイント):埼玉県最上流(荒川)
  • 時間:20:00~23:00
  • 潮:大潮(満潮18:51)
  • 水色:クリア
  • 風:東風強め

すぐには結果が出ないと思っていたが意外な結果に・・・

水面を覗くとハクはいるけど、明確なボイルは見当たらない。まだ、トップに出るタイミングじゃ無いような気がするけど、チェックの為にルアーのキャストを開始する。
ところが2~3投目で、いきなり「ドスン!」。なんと、開始早々シーバスがヒットした。
トップでバイトしてくると、どうしてもシーバスがバレやすい。ヒヤヒヤしながらなんとか、シーバスをキャッチ。

最近のアベレージサイズ「50cm台」のシーバスゲット。

その後も、順調にシーバスがバイトしてくる。3回ぐらいヒットまで持ち込めたが、その後は鰓洗いで痛恨のバラシが続いた。結局その後はキャッチは出来なかったが、興奮しまくりのトップゲームを楽しむことはできたので満足。水面爆発自体なら、10回はあったと思うのでゲーム中は気が抜けない。サイズやキャッチ率だけで考えるなら、トップゲームはあまり良くないかもしれないけど、興奮するゲームを楽しみたいならシーバスのトップルアーをこの夏に使ってみると面白いかもしれない。個人的にはおススメなスタイルですね。

関連記事一覧