【デイorナイト】秋のシーバスデイゲームは好調だけど?ナイトゲームはどうなのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

誰もが気になる「秋のシーバスハイシーズン」の

「デイゲーム」or「ナイトゲーム」どちらが良いの?

ってところ。前回2回の釣行は、デイゲームで楽しみましたが今回は、ナイトゲームで攻めてみることにします。

前回のデイゲーム3日経っているけどどうなのか?

前回の釣行から3日後。デイゲームでは、グットサイズからの反応がありましたがナイトゲームではどうでしょうか?

当日のシーバス釣行場所:埼玉県荒川最上流

  • 釣行日:2021年11月10日(水)
  • 場所(ポイント):埼玉県最上流(荒川支流&本流)
  • 時間:21:00~23:50
  • 潮:中潮(満潮19:28)
  • 水色:濁り弱め
  • 水温:15℃
  • 風:無風

シーバスナイトゲームでも最上流支流には釣り人が「0人」ですこぶる快適!

ナイトゲームも、釣り人が誰もいない。例年だと結構な人がいるはずなんだけど、今年はぜんぜん人に会わないな?なんでだろうか?釣れない感じがあるからなのか?

釣り場のベイト量は「すこぶる多い」状況

明らかに「デイゲーム」よりも、人間が感じるベイト量が「ナイトゲーム」は多い。ベイトの種類は、ほぼ「イナッコ」。手長エビやハゼなどもチラホラ見えるが、イナッコの量に比べたら微々たるものです。
ルアーを通せば、イナッコが散るような絨毯状態のポイントがいたるところで見られますね。

ベイトが多すぎてイナッコに着いたシーバスは「難しい」

多くの人が知っているかもしれないが、イナッコに着いたシーバスを反応させるのはすこぶる難しい。何かのタイミングでスイッチが入るときもあるが、これがなかなか読めない。こんな場合は、いくつかの選択肢があるが今回はシャローに入り込んで待ち構えているシーバスに反応させてみる。

シーバスと縦の距離があると反応させるのが難しい

イナッコ対策にダイワスライ110Fを使ってみる

ダイワのスライは、イナッコ対策としてもとても使いやすい。ただ、使い方を間違えると反応をぜんぜん得られないのも事実。下記の記事の使い方でイナッコに反応させられるはず。夏の記事だけど、秋のシーバスイナッコパターンでも使える。

この日は、この狙い方で「水面爆発が2回」あった。どれも足元の際でバイトが発生したが「ビビりの私」は「バン!」って音にビックリして、ルアーを2回とも上げてしまってフッキングしなかった感じ。分かってはいても、突然のバイトはビックリしちゃいますね。てなことで、この攻め方では「0ゲット」。

今度はウェイキーブーミニを使ってパニックイナッコを攻める

今度は、パニックになっているイナッコを探して一発キャストでバイトさせる作戦です。状況を簡単に説明すると、シーバスがイナッコを追ってチェイスしている状況が発生するとイナッコがパニック状態になって、四方八方に逃げ惑います。この瞬間に、ルアーを際に向かって投げ込む方法です。
ボイルとかを狙うわけではなく、イナッコの捕食前にルアーを入れてあげるイメージです。この攻め方の時は、「ルアーに存在感を持たせた方が有利」なので選んだのが「ウェイキーブーミニ」。ルアーの動かし方は、「ゆっくりただ巻き」でOKです。
この状況を探していると、パニックを起こしているイナッコを発見したので「ウェイキーブーミニ」を入れると「一発でバイト」してきた。それほどのサイズでもなかったので、そのまま抜き上げ。

サイズが小さいのもあって場所移動

一先ず、シーバスを1ゲットできたので今度は明暗付近を攻めていきます。私の印象ですが、秋は「最初の一投目が釣れる可能性が高い」と思っています。このポイントも、一投目で必ず反応があるだろうと思い、色のアピール力が高い「バロール90のゴールドカラー」をチョイスしました。しかし、昨今のバロール人気で「90」でもどこにも売っていませんね。
バロール90を上流側からドリフトで流し込むと「ドン!」。思った通り、ファーストプレゼンテーションで反応があった。

実は、ここのポイント一投目で釣れたのは、「連続4回目」なんです。しかし、過去の3回は「すべてラインブレーク」の結果に。どうやら、手前に新しめの何かが沈んでいる模様。過去の3本とも良いサイズだったので、ラインブレークはかなり悔やまれるところですね。
そんなこともあったので、今回は「かなり強引に」手前に寄せました。でも、途中でラインが何かに引っかかる感触があり「今回も!?」って思いましたが、なんとかハズレてキャッチ。そんなにサイズも大きくなかったので、無事に取れたのかな?それにしても、何が沈んでいるのでしょうか?3回の1匹は、間違いなくランカーサイズの手ごたえでしたから、今でも諦めきれないですね。

ここから雨予報ではなかったけど雨がチラついてきたので終了

まだ、このポイントで一投目。さーこれからと思っていた矢先、雨がポツポツ降り出した。最近は、以前ご紹介したレインジャケットを毎回着ているので雨は問題ないけど、体が冷えると風邪を引きかねないので終了とした。やっぱり、今の状況だと体調が悪くなると周りに迷惑かけちゃうからしょうがないね。

結局?デイとナイトだとどちらが秋のシーバスはいいのか?

シーバスからの反応だけを考えると「ナイトゲーム」に分がありそう。あとは、ナイトゲームでもサイズが見込めることも確認済み。だけど、デイゲームのバイト丸見えや気持ちのよさを考えると、どちらも甲乙つけがたい。秋シーズンは、昼も夜もある程度潮が動く日が多いので、その日の潮が一番動く時間帯を選んで釣行するのがもしかしたら一番可能性が高いかもしれませんね。結局、潮が動かないと良い釣り楽しめないですから、そこだけは注意したいところです。

関連記事一覧