風が強い時には「上げ潮ボトム」を直撃するとシーバスが爆釣するかも?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

前回、夏のシーバス攻略にとても有効な「バイブレーションドリフト」の実釣をお送りしました。前回の反応がとても良かったので、今回も同じパターンで攻めてみたいと思います。前回と違ってるところは、今回は「風が強く気圧が下がっている」状況です。上げ潮がさらに効きそうなシチュレーションなのでとても楽しみな感じです。

上げ潮気圧低下気味なシーバス釣行場所:埼玉県荒川最上流

  • 釣行日:2022年7月8日(金)
  • 場所(ポイント):埼玉県荒川最上流
  • 時間:20:00~22:30
  • 潮:長潮(満潮23:59)
  • 水色:澄潮
  • 水温:28℃
  • 風:東風強め

気圧低下気味の天候でバイブレーションドリフトはいかに?

高水温なのは、前回と同じ状況。しかし、今回は風が強く「気圧が低下」している。こんな状況では、上げ潮が効きやすい。そうなると、海から河川へ入ってくるシーバスの数と活性が良くなってくる。前回は渋い中でドリフトを使ってみたが、今回は期待が一投目から高い!

今回はサクッと「ボトム」からいきなり攻める!しかも一投目から・・・・

本当は、表層から攻めるのがセオリーだけど、今日は風も強く表層が波立っている。そんなこともあり、いきなり「ミニエント」を投入する。様子見の一投目のつもりだったが・・・・・いきなり「ヒット」!これは、今日は期待が高い状況ぽい。

一投目からいきなり「確変」。そこからシーバス無限バイトが始まった

下の方程式が夏に揃うとシーバスは、恐ろしいことになってしまう。

「気圧低下」+「上げ潮」+「ミニエント」=「無双」

もう止まらない。無限バイトです!

とは言っても、しっかりドリフトでコースを決めないと「アタリはない」。しっかりとコースを意識した攻めが必用なんだ。だけど、コースが決まれば「前アタリ」からの「シーバスバイト」。面白いくらい、ヒットしまくりますね。
前回、ルアーをロストしてので今回は「ハッピーレモン」カラーをチョイス。ルアーカラーは、あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

夏の渋い活性時期に「シーバス10ゲットオーバー」達成!

バイト数は、全て数えていないがゲット数の「倍」はあったと思う。全部の写真を撮影しきれていないけど、どれも良い感じでヒットしてくれた。完全に「ミニエントドリフト」がハマった感じ。

前回もお伝えしましたが、騙されたと思って「ミニエントドリフト」試してみてください。風が強くなって「気圧が下がったタイミング」では、さらに好釣果が期待できます。このルアーだけがあれば、攻略できると言い切れますので、ぜひ試してみてください。

関連記事一覧