バチ釣行2019。でもって、シーバスも入ってこないのでノーバイト。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ウキウキ気分で釣行に向かった、「つりしろ編集長」です。

2019年1月第4週から、本格的なバチ釣行を開始している状況です。

2019年2月2週目の釣行は、第1日目。

荒川流域シーバス釣行日時

釣行日:2019年2月5日(火)
場所(ポイント):東京都荒川流域
時間:20:30~21:30
潮:大潮(満潮17:25)
水色:茶濁り

まずは、バチ抜け状況の結果から

前回の釣行では、「時合い」に間に合うことができなかった。

結果からご報告。

「バチ抜け」せず。

はい、バチ抜け発生しなかったです。私のポイントでは。

でもって、シーバスも入ってこないのでノーバイト。

なぜ?バチ抜けが発生しなかったのか?

バチ抜けに関しては、「当日の天気」が非常に重要です。

バチが発生しなかった理由も確認したかったので、水温を測るとなんと。

「10℃」!!!!。

水温、高いです。

バチ抜けは、7℃前後がベストなことが今までの調査で分かっています。

水温だけは、自然の力なのでどうにもなりませんね。

諦め。

ちゃんとラザミンで狙いましたよ

エリテンで釣っても「あっそ」って感じなので、ラザミンでランカー釣ってやる!

そんな意気込みで釣行してきましたが、居ないシーバスは釣れません。

ちょっと浮気で、別のルアーもキャストしましたが反応なし。

面白いぐらい、「反応なし」。

翌日雨なので、状況好転するか?

翌日は、冷たい雨予報。

誰もが、活性が下がると思っている状況下で、私は活性アップ!

もちろん、翌日も行く予定なので、楽しみにしてください。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。