バチ釣行2019。ラザミン縛りが悪かった?それとも、「時合い」ですかね?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ウキウキ気分で釣行に向かった、「つりしろ編集長」です。

2019年1月第4週から、本格的なバチ釣行を開始している状況です。

2019年2月2週目の釣行は、第2日目。

荒川流域シーバス釣行日時

釣行日:2019年2月6日(水)
場所(ポイント):東京都荒川流域
時間:19:45~22:00
潮:大潮(満潮17:59)
水色:茶濁り

まずは、バチ抜け状況の結果から

前回の釣行では、「時合い」に間に合うことができなかった。

結果からご報告。

「バチ抜け」少々。

水温は、変わらず「10℃」。

時合いギリギリ間に合った

今回は、時合いギリギリ間に合う。

もじり・ボイル多数。でも・・・・・ノーバイト。

原因は、簡単「腕」ですね。はい。

もしかしたら、ラザミン縛りが悪かった?

ラザミンでカッコイイ所見せようと思って、ラザミン縛りで頑張ったんだけど、ぜんぜんバイトしない。

もー。って気持ちを抑えつつラザミンをキャストしたが、一向にアタリなし。

このポイントでは、ラザミン厳しいのか!?

ということで、ラザミン縛り廃止宣言

臨機応変に狙っていく方向に、シフトします。

狙っているポイントは、結構激流のポイントでもあるのでラザミンだと流れるスピードが速すぎる。

生命観を与えることができずに終わってしまう感もあるので、少しレンジ入れますね。

ということで、明日もまた行ってきます。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。