バチ釣行2019。カップラーメン待つぐらいの時合い。一瞬のシーバスチャンスに賭ける。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

バチまみれで生臭い、「つりしろ編集長」です。

2019年1月第4週から、本格的なバチ釣行を開始している状況です。
2019年2月3週目の釣行は、第2日目。

荒川流域バチ抜けシーバス釣行日時

釣行日:2019年2月22日(金)
場所(ポイント):東京都荒川流域
時間:20:00~21:30
潮:中潮(満潮19:25)
水色:茶濁り

まずは、バチ抜け状況の結果から

結果からご報告。
「バチ抜け」水面いっぱい
水温は、前回のの「11℃」→「11℃」。
動画は、ツイッターに上げてます。

バチ抜け最盛期!バチが抜けすぎて釣りにならないよ

予想通りの展開。
バチ抜け過ぎ」。

こうなると、シーバスはルアーに反応することは「ない」。
つまり、数分間の勝負

一瞬の時合いに賭ける。カップラーメン待つぐらいの時間のつもりで

バチが抜けすぎる」予想は、ついていた。
そうなると、「バチ抜けする前」5分ぐらいが勝負

まだ、「上げ潮」が残る中キャスト開始!
その時を待ちながら、攻めていく。

今回のルアーは、「エリテン」。
短時間の時合いには、実績が高いルアーで勝負を挑む。

なんとかシーバス2本ゲット!急いでリリースしたが、時すでに遅し

一瞬の時合いを何とかとらえ、2本ゲット
しかし、サイズは「極小」。

でも、この状況下で釣れること事態「奇跡」。
「ホット」したことで満足しよう!

この状況下だと、明日は難しそうなので釣行を予定していたが中止とした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。