河川最上流シーバス調査。河口から30kmだけどもうシーバスは遡上していました

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

シーバスが気になる、「つりしろ編集長」です。
早いもので、3月になりました。
シーズン的には、いつもより早い感じですが「先行投資」は釣りに欠かせない行動の一つ。
時期的に釣れないのは、「分かっている」けど河口から30km付近の上流を調査してきました。

荒川最上流釣行日時

釣行日:2019年3月2日(土)
場所(ポイント):荒川最上流域
時間:22:00~0:30
潮:長潮(干潮21:38)
水色:濁りあり

最上流に到達しているベイトを知りたい

下流域では、このシーズンの「バチ抜け」の釣りを展開しているが、上流域ではまだバチ抜けをしない。
ある特定のエリアまでは「12月~」バチ抜けは、発生している。

多くのメディアでは、「東京12月~5月までバチ抜け」と公表されている。
特に河川のバチ抜けは、12月から見られるので間違いはない情報だが、細分化すると河川でも4月ぐらいから「バチ抜け」するところも多々ある。

今回のエリアでは、例年だと4月ぐらいからバチ抜けが発生するが、最上流に達するシーバスは「バチ」を捕食しない
推測ではあるが、最上流に向かうシーバスは「違うベイト」に興味があって移動しているのだろう。

釣れだすパターンを考えるとベイトは「ハク」のはず

シャローや、テトラ際をチェックしてみたが、肝心の「ハク」は居ないようだ。
ここで水温を測ってみると「11℃」もあった。
これは、例年と比べると非常に高い。河口付近と同じような水温。
もう少しベイトが居ないか?と探していると「手長エビ」が結構群れている。しかも、かなり成長している様子。

水温、ベイトの成長を考えると「かなりいい感じ」と思えるような状態だ。

上げの流れが出だすとベイトらしき「波紋」が出るように

流れが出だすと、何か泳いでいる波紋が出始めた
かなり小さな波紋なので、よくわからないがその波紋が出始めたと同時に単発「ボイル」が出るようになった。

少し沖合なので、フルキャストで届くか?届かないか?の距離
ボイルの感じから、しつこくベイトは追っているように見える。

何度か、ドリフトでルアーをボイルに入れていると何か魚信があったのでルアーを回収してみると「ダツ」が付いていた。


どうやら、このダツにシーバスが付いているようだ。ダツ?サヨリ?は動きが速いため、ボイルの移動も早かったことがうなずける。
しかし、ダツ系(細長い)についているシーバスをゲットするには、根気がいる。できれば「ハク」パターンで仕留めたい。

そんなことを思っているうちに、ベイトらしき影も消えてしまった。
時間も遅くなったので、今日はこのくらいの調査で終了。
シーバスが、最上流域まで到達していることが分かっただけでも、良しとしよう。

また、近いうちに狙ってみましょうかね。

 

関連記事一覧

  1. naoki

    ダツ、? サヨリに、見えるのですが。

    • つりしろ編集長つりしろ編集長

      コメントありがとうございます。
      写真だと、サヨリに見えますよね。
      ダツか?サヨリか?迷たんですが、違っていたら詳しい方からコメントいただけると思い、私の知識から「ダツ」にしました。

      私も実物でもっとよく確認すれば良かったのですが、河口から「30km地点でサヨリは居ないはず」との知識を優先。

      ダツは、淡水域によく入り込むので上流域でも有名ですがサヨリも淡水域に入るんですかね?
      稚魚なんで特徴がはっきりしない部分もありますが、生息域について知っている情報がありましたら、教えてもらえるとありがたいです。

      追加:調べたら「デルモゲニー(淡水サヨリ)」って種類は、あるようですが実物をみたことはないです。