春シーバス開幕宣言!35km上流で釣れたので河川全域で釣れるの間違いなしです

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

つりしろ編集長
東京さくら開花宣言しましたと思った、「つりしろ編集長」です。

春、真っ盛り。

春シーバス開拓したいけど、まだバイクが治らず好きなポイントに行けず。
ということもあり、気分転換に新規ポイントで調査してきました。

荒川最上流釣行日時

釣行日:2019年3月21(木)
場所(ポイント):荒川最上流域
時間:0:30~1:30
潮:大潮
水色:濁りあり

春シーバスを考えると、気分的に上流方向へ足が向いた。

つりしろ編集長
シーズン初めにシーバスの行動エリア範囲を見極めたい

シーバスの一日の行動エリアを考えると、群れの先端がどこまで行っているか?知りたい

その範囲を春に知ると、「夏」・「秋」のシーバスの展開に大きな差がでる。

そんなこともあり、荒川上流域「35km」地点を攻めてみることとした。

ポイント到着後にベイトの有無を確認。ハクがシャローに群れていた

つりしろ編集長
シャローには「ハク」が群れていた。これは、可能性「大」。

ポイント到着後、ベイトを確認。

シャローを覗くとハクの群れ。これは、シーバスが居るのは確定。

後は、どうやってバイトさせるか?だ。

一瞬、「ボトム」を狙うか?って思ったが、やっぱりハクがベイトならサーフェース。

ということで、表層系ルアーをクロス気味に流すこととした。

シーバスの反応は、予想より早くすぐにでた

つりしろ編集長
春の定番、表層系ルアーで攻める。

最初に投入したのは、「マニックフィッシュ99」。

そいつを単純に「ただ巻き」して、シーバスが潜んでいそうなところで「フォール」

そんな攻め方をしていると。

4投目。

フォール中に「ギュルル。。。。」。

フォールしているルアーをそのまま咥えて持って行った!

「ヒット!」

慎重にやり取りし、無事にキャッチ。

50cmぐらいのフッコサイズでした。口からは、大量にハクを吐き出していた。

幸先よし!

その後、「バイトの嵐」。

一投でフォールさせると、数バイトある状況。

だけど、なかなかフッキングせず。一度大きなアタリがあったが、ルアーを加えて持っていく感触の時にバラシ。

あれは、大きかったかも。

つりしろ編集長
いまいちフッキングしないので、「ガルバスリム」に。

今度は、ガルバスリム。

こいつは、フォールなしで純粋にデットスローで攻める。

これも、数投目でさっそくヒット!

「ハクパターン超楽しい!」

貴重な魚なので、慎重にキャッチ。

つりしろ編集長
これからだ!って思った矢先。風が変な方向へ

急に風が変わった。この風の吹き方だと、ここのポイントは狙いにくく、場所も悪い。
そう感じ始めると、夜も遅いし早く寝たくなってきた。

春シーバス開幕っぽいし、また今度狙いましょう!

釣れたシーバスから考えると、春シーバス開幕っぽいので深追いせず今日は終わりとしましょう。

この上流の釣れ方を考えると、これから爆釣の予感。

つりしろ編集長
皆さん!春シーバス開幕したので、楽しんでみてくださいね。春のお勧めルアーは、こちら。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。