やっぱり気になる春河川シーバス。少し海に近づいて試してみました

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

運河バチ釣れていますが、やはり楽しみたいなら河川の春パターンだと思う、「つりしろ編集長」です。

今回は、短時間釣行。スパッと行って、スパッと帰ってくる。

荒川中流域釣行日時

釣行日:2019年4月22日(月)
場所(ポイント):東京都荒川中流域
時間:20:00~22:00
潮:中潮(満潮19:33)
水色:濁りあり

河川にシーバスが居るのは、分かっている。問題は「どう釣るかだ」!

もう、4月も下旬。
例年なら、「毎日爆釣」な感じなんですが、今年は「ダメ」。

でも、予想してました。はい。
なんで?分かっていたか?は、ここでは割愛しますが、東京湾に絡んだエリアは年々シーバスは難しくなるでしょう。特に、4月以降。

こんな感じで予測していたので、「1月~3月」は釣行回数が伸びていました。

そんな状況ですが、前回の記事で「ルアーカラーの話」をさせていただきましたが、その再現性を試したくもう一度近場で実験した感じです。

年々難しくなっている「シーバス釣り」に人が対応していくしかないですね。

一見居なさそうだけど、シーバスは居ますね

「ポイント」・「流れ」・「コース」が揃っていないと、シーバスは釣れない。
今年からは、「ルアーカラー」もプラスされた感じ。

実際、シーバスの個体数が多い状態では「個体ごとの特性」があって、結局どのルアーカラーでも釣れていたんですよね。
特に東京湾のシーバスが減っている状況下では、「警戒心が強い個体」だけが残っていく。

結果、不自然なルアーには「反応しなくなって」来ているんです。

今回は、そんなことも考慮した「マジックマニック」。


結果、すぐに反応ありました。

50cmあるか?ぐらいのサイズ感でしたが、試したいことは試せたんで満足。

これから、いろんなルアーカラーを試していきたいですね。

今後は、ルアーカラーは「自分で塗る」時代が来そうな予感w

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。