河口から30kmのシーバス調査。2019年は、河川シーバスの基本パターンになる「下げ潮」が有効!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

つりしろ編集長
春河川シーバス本格調査開始の、「つりしろ編集長」です。

2日前に、シーバスの良い反応があったのを良いことにさらに上流を目指します。

河口から30km地点。

荒川上流域釣行日時

釣行日:2019年5月10日(金)
場所(ポイント):東京都荒川上流域
時間:21:00~23:00
潮:中潮(満潮22:06)
水色:濁りあり

前回、春シーバスのパターンを見返した法則で挑む

つりしろ編集長
2019年は基本パターンになる「下げ潮」が有効ということと、「寒い」というキーワードをゲットしつつ釣行へ向かった。

今回は、荒川最上流部の「河口から30km以上」のエリア。

はっきり言って、魚影は基本薄い。

薄いけど、ドデカイやつが居んるだな。これが。

荒川最上流のシーバスは、簡単にはゲットできない。

つりしろ編集長
結果から、「5ヒット2ゲット」。

ホゲないだけでも、上出来だ。

しかし、問題はサイズ。出そうで出ない。

運河バチのアベレージよりは、河川シーバスの方がサイズ的には全然上だが、だけどいつもよりは「-10cm」って感じ。

もしかしたら、海のベイト(イワシ)などが今年は豊富かも。

イワシは、どのフィッシュイーターでも大好物。

イワシが多いと、他のベイトにつきにくいんですよね。

しかし、ランカークラスになるシーバスは、ひねくれ者が多いはずなので河川に入っているはず。

今は、サイズが小さいけど必ずデカイやつが登場することを信じて、釣行続けます!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。