パターンが変わった!上に下にレンジが変わるのが夏のシーバス

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長
パターンが変わる速さについていくのがやっとの、「つりしろ編集長」です。

キーパプースの爆釣劇は、沈黙。

夏のパターンが早く変わりやすくて、少々難しい。

荒川上流域釣行日時

釣行日:2019年6月12日(木)
場所(ポイント):東京都荒川上流域
時間:20:00~23:00
潮:長潮(干潮19:27)
水色:濁りあり

でも、キーパプースが気になっちゃうんですね。

つりしろ編集長
6月初めまで、好反応だったキーパプースパターン。

「何か?あるかも?」って期待感で、パイロットルアーでキャストしちゃうんですよね。

でも、何にも反応なし。こりゃだめだ。

そこから、色々なルアーをキャストしまくる。

どうしても、反応得られないな。

今回は上げパターン。結構水位が上がってきたところで

つりしろ編集長
上げパターンでは、いくつかの条件があるような。

第一条件は、「潮目」。
やっぱり潮目が発生するような、流れが非常に大事。
要は、魚道があることが魚の移動する場所のヒントへとつながる。

第二条件は、「水位」。
ある程度の水位がだが、キモとなるのは「ベイト」が移動する水位。

水位が増えると、ベイトがシャローに入る。つまり、シャローに移動しようとするタイミングの水位が狙い時ということ。

時合いがやってきたか?やっぱりマニックが強いんだよ

つりしろ編集長
見た目では、ボイルとかはない。

しかし、ベイトが移動している「波紋」は結構ある。
こんな時は、意外と狭い範囲でしか「バイト」しないことが多い。

そんなこともあり、ポイントを直撃するイメージで「マニックをここぞ!」って場所にキャストする。
ルアーを流す距離は、ほとんどない。

そんな狙い方をしていると、着水時の潜るルアーにバイト多発。
サイズはそれほど伸びないが、数の反応はある感じ。

結果、6ヒット4ゲット。

サイズは、MAXでも50cmぐらいかな。

気難しい状況下で、結果が出たので良しとしよう。
状況的には、気難しい印象だな。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。