さようならを言ったはずだけど。また、来ちゃった河川バチ抜けシーバス

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長
さよならが言えない、「つりしろ編集長」です。

前回、セミランカーシーバスを釣ったところでエンドロールだった河川バチ抜け。

本当に、その釣行で最後のつもりだった。しかし、2020年の最後が見たい!ってことで最後の河川シーバスへと最終決戦で行ってきた。

東京都河川バチ抜けシーバス釣行日時

釣行日:2020年3月26日(木)
場所(ポイント):東京都内河川
時間:19:00~20:30
潮:中潮(満潮18:36)
水色:濁り
風:無風

3月下旬は河川バチ抜けとしてはシーズンオフ

分かっているんです。ダメなことは。だけど、分かるだけじゃなく実際に目にしたいです。ダメなところを。
そんな気持ちで、今回様子を見に行った。

都内某所、やっぱり同じ気持ちの人が数人いた。でも、ハイシーズンと比べると10分の1ぐらい
「もしかしたら」って、毎年思うけどやっぱりないんですよ。自然って、原理原則の世界なんですよね。

到着したときは、まだ上げ潮が残っていた

3月後半になると、夜の潮位変化が少なくなる。メインは、昼の潮。そうなると、一気にバチが抜けづらくなる。
季節感がどうした?とか、そんなレベルではない、自然現象が起こるので「奇跡」はないんですよね。

本当に、チェックのつもりで「スライ110」で攻めていく。

数等したところで、「ゴゴゴ」。スライだけど、水面爆発なし。もう、捕食の仕方が違うんだな。

小さそうなので、水面滑りながらキャッチ。力も弱いシーバスを難なくキャッチ。
釣れると思っていなかったので、非常にビックリ。45cmぐらいか。

その後はどんどん人が帰って行く

見える範囲で、釣れたのは「この一匹のみ」。私がうまいとか、そういうのじゃなく本当に「偶然」。
狙って釣れるような状況では、ありません。
そうしているうちに、下げ潮が結構強くなってきた。潮周り的には、バチが抜ける潮なんで水面除くと「デカバチ数匹」。
思ったよりも抜けている。でも、思ったよりなんで「10分で2・3匹」見えるかな?程度。

少しライズもあったように思えたけど、そんなのは気のせいじゃないってくらい気配がなかった。

ボウズを食らわなかっただけましか?

今回で本当にこの河川は、終了とします。来年、また来ますんでよろしくお願いします。
2021年は、良い年になりますように。

-釣具の整理・収納にお困りなら- -安くて便利なアイテムが豊富-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。