みんな知りたい!?肌寒い春に河川シーバスはどこに居るのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2020年の今年は、4月になってもなかなか気温が上がらない状況が続いてますね。3月には、順調に河川シーバスの状況が上向きでしたが、4月に入ってからは安定しない状況が続いています。水温等も下がっているわけではないですが、たまに降る強い雨が濁りを強めているような感じですね。

埼玉県荒川シーバス釣行データ

  • 釣行日:2020年4月17日(金)
  • 場所(ポイント):埼玉県荒川
  • 時間:20:00~22:00
  • 潮:小潮(干潮20:27)
  • 水色:弱いが濁りあり
  • 風:なし

見た感じマイクロベイト少ない

4月に入って前半は、マイクロベイトが目視でもたくさん見られた感じだが、週末に強めの雨と気温低下が毎週のように起こり、ベイトも減少傾向。いつもなら、多数のボイルが見られる場所でもあまり活性が高いようでない感じ。

いつもならマニックですぐに反応あるはずだが・・・・

マニックで「一発!」って感じには、ならなそう。開始から表層を流していくが、ぜんぜん反応なし。そこで、着水後マニックをボトム付近まで沈めてゆっくりリトリーブする。

そうすると、すぐに反応が出始める。軽いコツコツという反応が出始め、キスバイトが続く感触がある。ちょっとだけ、ストップさせながらフォールさせると明確なバイトがありヒット。
サイズは、50センチに満たないが3ヒット3ゲット。一匹は、写真を撮らず直ぐにリリース。

今年の春は、安定しなさそう

去年の台風が影響しているのか?定かではないが、安定しない感じが凄くある。あまり気にしても良い結果につながらなさそうなので、一旦割り切って色々試し眼行きましょうかね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。