明暗部はU字メソッドが効く!ハクに付いたシーバスを誘惑するレンジはどこだ?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今年は、コロナウイルスの影響でこの時期に釣行している「運河バチ抜け」に参加できずにいる。楽しみが一つ奪われた形になるが、その代わりに「新規ポイント開拓」にターゲットを絞った感じだ。その結果、ランカーシーバスも出たし結果的にはいい方向に進んでいる。

埼玉県荒川シーバス釣行データ

  • 釣行日:2020年5月29日(金)
  • 場所(ポイント):埼玉県荒川
  • 時間:20:00~22:00
  • 潮:小潮(満潮23:12)
  • 水色:弱いが濁りあり
  • 風:東風強い

見た感じマイクロベイト少ない状況

今回も新しいポイントで狙っていく。今回は、定番中の定番「橋脚の明暗」。いつもはこのシーズンボイルが多数見れれるのが常だが、今回はボイル等発生していない。それどころか、あまりベイトも見られない状況だ。ベイトの数だけ考えれば3月の方が多数見られたような。このような変化がなぜ?起きたのかわからないが、そんな状況。

3月には、写真のような「ハク」と「稚鮎」がよく見られた。よくよく見ると足元に「ハク」は見えるがそれほど数がいないようにも感じる。

ハクは、こんな感じ

毎度すみません。マニックで明暗シーバスを誘惑していく

ボイルとか全然発生しないが、明暗部には必ずシーバスが付いている。マイクロベイト系についているシーバスは、スイッチを入れてあげないとバイトしてこない。そのスイッチが「ベイト」なのか「潮目」なのか判断が難しいところもあるが、一番イージーに反応してくれるのは間違いなく「流れ」。一瞬の流れの変化で口を使う。そういうタイミングでシーバスの鼻っ面に「U字でマニック」をぶち込む。

レンジがシビア。すべてのタイミングを揃えないとバイトしない

やっぱり簡単にバイトしてくるような、状況ではなかった。反応を得られるまでは、「2キャストぐらい」とすぐにルアーにタッチしている感じは得られた。しかし、そこから反応がない。色々と試して、反応があるレンジとコースがだんだんと分かってきた。そこから連続でバイトを得る。

結果的にシーバス4ゲット。

ホゲても誰も責めないような、渋い活性。しかし、あるコースを通すことが出来ればなんとかバイトさせることが出来る。その結果、なんとか4ゲット達成。でも、難易度高すぎて神経的に疲れてしまった。

-釣具の整理・収納にお困りなら- -安くて便利なアイテムが豊富-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。