2018年冬シーズン。大規模河川荒川のシーバス攻略は?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

サーフ釣行を一旦終了とした、「つりしろ編集長」です。

久しぶりに荒川最上流部、シーバス探索に行ってきました。

時期的に冬シーバスは、かなり渋いシーズンです。

普通にシーバスを釣りたい方は、海に行った方が良いですよ。(笑)

冬シーズン荒川シーバス釣行日時

釣行日:2018年11月25日(日)
場所(ポイント):埼玉県荒川上流
時間:18:00~22:00
潮:中潮
水色:薄濁り

まずは、冬の荒川状況調査から

過去に実績があった場所から、状況を確認していきます。
確認ポイントとしては、「ベイト有無」。
厳しいシーズンになればなるほど、ベイトがらみでしかシーバスにお目にかかれない。
殆どのシーバスくんたちは、産卵のため富津沖や干潟付近に移動していると思われる。

荒川のポイントを回っていると、シーバスアングラー剛腕が!

各所回っていると、ベイトがチラホラいる場所を発見!
その辺りを中心に、ジグヘッドをメインとした狙い方を進める。
そうすると、対岸にアングラー出没。
まもなく、対岸アングラーにヒット!
これを見て、「居るじゃん」と安堵したのだが、このアングラー「半端ない」。
なぜ半端かといえば、次から次へシーバスをキャッチしていく。
1時間で3ゲットは、していたかと。
このシーズンに、この数は神がかっている。
まさしくスーパーアングラー降臨!
これ見て、私は逆にテンションダウン。

ちびっこは、一匹釣れた。


ひとまず、この日は釣行終了とし仕切り直すこととした。

冬の荒川シーバス釣行日時(次の日)

釣行日:2018年11月26日(月)
場所(ポイント):埼玉県荒川上流
時間:20:00~22:00
潮:中潮
水色:薄濁り

荒川釣行ポイント

昨日、次々釣れていた場所に迷いもなく入る。
昨日が釣れ始めていたのが、21:00ぐらいからだから今日は、21:30ぐらいが濃厚だろうと予測。
水面を見るが、ベイトがあまりいない。

しかし、開始してから30分ぐらいたつと少しづつだがベイトがさわぎだしてきた。
雰囲気的には、「悪くない」。
狙うレンジとしては、お約束の表層から徐々にレンジを下げる。
けど、魚からの反応は一向に得られない。

昨日の神アングラーは、明暗とか関わらず釣っていた。
しかし、距離が遠いのもありどこのレンジを狙っていたかは、不明。

冬の荒川の攻略の答えは、この狙い方

最後に残った狙い方が、ジグヘッドの底ズル引き。
10gのジグヘッドに、「DAIWA モアザン ミドルアッパー」を装着。

それを、極限までゆっくり巻いてみた。
そうすると、いきなりバイトが多発。ブレイク付近をコツコツ引いてくると、魚たちが反応してくる。

最初の予測通り、21:30ぐらいから何匹かヒットし始めた。
しかし、掛かりが浅い為か足元で自然バラシ。

 

4匹ぐらいばらした後に、2本キャッチ。
一本は、60cmぐらい。けど、痩せていて冬っぽいシーバスちゃんでした。

翌日もお仕事なので、まだまだいけそうだったがここで終了。
色々と勉強になった釣行でした。次も楽しく頑張ります!

オーナー(OWNER) 静ヘッド JH-61 10g

オーナー(OWNER) 静ヘッド JH-61 10g

246円(03/22 08:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。