• HOME
  • ストーリー
  • サーフ
  • 11・12月に多いサーフで波が高い時期のヒラメ&青物攻略とルアー選択とは?荒波屈指の鹿島灘釣行で実践

11・12月に多いサーフで波が高い時期のヒラメ&青物攻略とルアー選択とは?荒波屈指の鹿島灘釣行で実践

つりしろ編集長

今回は、秋シーズン熱いターゲットのサーフ「ヒラメ」&「青物」を狙って釣行してきました。

前回、鹿島灘にお邪魔して大分時間が空きました。今回は、涸沼シーバスと鹿島灘釣行を掛け合わせて狙ってみた感じです。以前は、涸沼へ寄ることは無かったのですが、「夕マズ目→涸沼」・「朝マズ目→鹿島灘」を狙えば一回で2度おいしい釣行になることに気が付いた為、その流れで釣行してみました。

2022年秋の鹿島灘の様子は?

いつも天気予報で確認してはいたのですが、10月11月と波が高い日が続いている印象です。何度か釣行する計画を立ててはいたのですが、波の予報が「3m~5m」なんて日はザラだったので釣行は控えていました。出来れば「1m以下」のタイミングがベストだと思っていますが、今年はそんな日は全然なかった感じですね。

そんな日が続いても「1.5m以下」の日がやってきた

毎日、波をチェックしていると2週間に一度ぐらい「波が1.5m以下」の日があったりします。そのタイミングで今回は、鹿島灘へ釣行してみました。波の高さにこだわる理由は、「ヒラメが釣れやすい」・「安全面」と波が低い時に向かうのがすべての面で有利です。無理して釣行しても何もいいことがありませんので、ヒラメ狙いなら必ず波が低い日に向かいましょう。

ヒラメ&青物釣行当日の状況(2022/10/31)

  • 釣行日:2022年10月31日(月)
  • 場所(ポイント):茨城県鹿島灘
  • 時間:5:30~8:00
  • 潮:小潮(満潮9:23)
  • 水色:濁り(若干)
  • 風:南風

当日は波が低めだが「凪」というわけではない

当日の波予報は、「朝波が低めで昼ぐらいから高くなる予報」。ヒラメを狙うなら、明け方勝負な感じ。ポイントには、前日には入り車中泊で準備を進めます。車中泊に必要な装備は、下記で紹介しています。気になる方は、参考にしてみてください。ちなみに夜のサーフは、「非常に冷えます」。風をよける場所も無い為、防寒対策はしっかりしていきましょう。

朝マズ目、やっぱりやっちゃいました「寝坊」

せっかくポイント前まで早めに入っているんですが、車中泊をするようになってからは「寝坊」の頻度が高くなってますね。前日すぐに仮眠すればいいのですが、色々くつろいでしまっていつも寝るのが遅くなります。そのせいで朝は、やっぱり起きられない感じになっちゃいます。でも、いいんです。これが、楽しいからやめられません。

車中泊がめちゃ楽しい

起きて周りを見渡すと既に明るくなっています。目の前がポイントですので急いで準備を開始。もちろん、ヒラメについては「離岸流」を中心に狙っていきます。ヒラメの狙い方は、以前ご紹介しているので割愛しますが、気になる方は下記を参考にしてみてください。

いつものようにポイントを狙っていきますが、なかなか反応が得られない。そうこうしているうちに、「6:00」を過ぎて少し焦ってきた。そんな中、今回新たに購入していた「バディーワークス 99フラッグ」を手に取り、満を持して投入。

波が高い時は「ワームが効く」!

カラーは、ゴールド。
created by Rinker
バディーワークス(Buddyworks)
¥1,239 (2022/12/02 09:44:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バディーワークス(Buddyworks)
¥1,067 (2022/12/02 09:47:45時点 Amazon調べ-詳細)

第一投目・・・・・・
「ゴゴ。ゴゴゴ!」

なんと、一投目で行きなりのヒット!いままで、いろんなルアーで叩いた場所だけど、いきなり出てくれました。バレないように慎重にヒラメを寄せてきます。サイズは小さい感じですが、貴重なヒラメなので大切にやりとりして無事にキャッチ。

そげサイズだけどいいんです。

ヒラメは釣れたので今度は「青物狙い」

ヒラメは一匹しか釣れていないですが、これで満足です。時間は有限ですので、今度は青物を狙っていきます。少し、高い場所からサーフ全体の状況を見ます。なぜ?そのようなことをするかと言えば「鳥山」を探す為です。あと、「沖から続く潮目」を探すのも一緒にします。そうすると、怪しげな潮目と沖に群がる鳥山を発見しました。

離岸流だけではなく、沖から押し寄せる流れも見るのが青物では重要!

「これは接岸のチャンスあり!」

と判断し、早速タックルをチェンジします。少し前にヴァンフォードの替えスプールをご紹介しました。その替えスプルールは、今回の釣行向けに購入したものです。ロッドやリールの番手はサーフならヒラメと青物共用できますが、ラインの太さは上げておいた方がいいでしょう。

予想通り「イワシの接岸」&「青物爆釣スタート」

タックルを準備して沖からの潮目が続いている場所へ徒歩で移動します。徒歩で移動している最中に、どんどん鳥が集まってきて大規模なナブラが始まりました!そこから、青物爆釣劇が始まりました!
しかし、ここでご紹介する青物の写真が一枚しかございません。

今回はマジで「青物無双」!

魚を渡す前にパシャリ。40cm前後が10匹ぐらいで終了。

なぜか?
「全部、近くの釣り人に魚をあげちゃいました」

近くで釣りをしていた人がなかなか釣れないと言っていたので、釣れたらその人に全てお譲りしました。もともと、キャッチ&リリースの予定でしたので問題なしです。おせっかいですが、釣り方もレクチャーして釣れるようになったので、私は終了としました。ちなみにですが、昼過ぎまで青物の爆釣は続いていた感じです。イワシが全然沖に行きませんでしたね。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥664 (2022/12/02 09:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

久しぶりにサーフでコンプリート!今回は気持ちよく釣りが出来ました

最近の釣果を聞いているとサーフではかなり厳しい印象でした。しかし、なんとかタイミングとポイントを合わせることが出来て釣りことが出来ました。特にヒラメは、タイミングが合わないとなかなか釣れないターゲットなので今回は、本当によかったかなと思います。サイズは満足いくものではないですが、まー釣れたので良しとしましょう!これからが、ヒラメシーズン本番ですよ。

関連記事一覧